ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京・米軍横田基地内火災・米軍は火災区域福生市にも連絡せず、市内公園の池の鯉が数百匹浮上死

 米軍横田基地で火災が発生した。

きゅうりょうみばらいなのかな

東京・米軍横田基地内の火災現場(21日午前)

 東京都福生市など五市一町村にまたがる在日米軍横田基地内の火災は、国防財務会計事務所約三千七百平方㍍をほぼ全焼、二十一日朝になっても白煙が上り、くすぶった。米軍などが消火活動を続けた。

 横田基地などによると、出火は二十日午後六時半ごろ。要請を受け東京消防庁から出動した消防車九台は二十一日午前、一台を残して撤収した。
 基地では近く調査チームを設置し、出火原因などを調べる方針。日本経済新聞(1/21)17面

 「同事務所は西太平洋地域の米軍の給与支払い業務を行い、日米約120人の職員が働いており、1948年建築の木造平屋建て」羽村民報(2009/2/8号)とゆう。

 また、「東京消防庁のの消防車は午後8時に現場へ出動。5台の消防車など、計8台が消防活動にあたりました。同消防庁によると、逃げ遅れや負傷者の情報は入っていないといいます。」しんぶん赤旗(2009/1/21)15面

おさかながしんだのはかさいげんばからとおい

 羽村民報によると、出火場所は福生市内区域の中で瑞穂市の境界付近(図参照)だった。

 実は、この時間の間、ぼくは部屋に居たのだが、火災が起こると放送で知らせる防災福生の放送がいつもは聞こえるのだが、その日は聞こえなかった。

 羽村在住の米軍基地問題に詳しい方に電話で聞いたところ、出火地域である福生市長でさえ、テレビのニュースで火災の知らせを聞いたといい、改めて米軍の基地の災害情報が、関係市区町村にいちはやく伝わらないとゆう問題を露呈した格好になった。


 ・・・

 また、これに関わる事件として、「福生市福祉センター前の「下の川せせらぎ遊歩道公園」の池で鯉(こい)など数百匹の魚が死にました。原因は横田基地内の火災消化で放水された8,000~10,000トンもの大量の水が灰、燃えかす、すすなどにより汚濁(おだく)され、雨水間に流入したためとのことです」羽村民報(2009/2/8号)

 火災が福生市に知らされなかったうえ、市内の公園の池の鯉が数百匹も大量死したことになる。
 
 ・・・

 この火災の件について、

 東京都と立川市、昭島市、福生市、羽村市、武蔵村山市、瑞穂町で構成する「横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会」は横田基地司令官に対し、下記の要請を行い、防衛省の北関東防衛局長と構田防衛事務所長にも下記事項を米軍に串し入れるよう要請を行いました。

    模田基地内での火災事故に関する要請について

 平成21年1月20日、北関東防衛局から、同日午後6時30分頃、横田基地内の国防財務会計事務所で火災が発生したとの進路を受けました。
 この火災では、幸いにも基地関係者から負傷者を出すことはなく、基地外への延焼はまぬがれ。近隣住民への直接の影響はありませんでした。しかしこの火災は平屋建ての建物約3、600㎡が全焼する大規
模な火災事故であり、弾薬庫などの施設もある基地内での火災は、近隣往民に大きな不安を与えるものです。また、基地周周辺には人口が密集した市街地があり、延焼すれば人命に関わる惨事につながりかねません。こうした事故が発生するという事態は、極めて遺憾なことです。
 貴職におかれましては、このような状況を十分認識され、下記のとお
り対応するよう要請します。

               記
1 今回のような近隣住民に影響を及ぼす事故や事件が発生した場合は、 ただちにその事実について、第一級の情報提供を行うこと。また、その後の状況についても、逐次、迅速かつ正確な情報提供を行うこと。
2 今回の火災事故について徹底した原因究明を行い、再発防止のための対策を講じ、速やかに関係自治体に説明すること。
 平成21年1月23日
在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
        ジョン F.ニューエル大佐 殿
          横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会

羽村民報(2009/2/8号)

 ・・・・

 基地周辺住民は、他の地域と違い災害の危険性が高いのを考えると、上記の要請はしごく当然のことであり、米軍は配慮して、災害情報をいちはやく連絡して、周辺住民の安全確保に努めるのが当然だ。

--------------------------
追記(2/11):

 東京都福生市は10日、先月21日に市内の河川で魚が大量に死んだ問題で、在日米軍横田基地での火災消火に使った水が流入したことが原因と考えるのが妥当とする調査結果を米軍に報告し、再発防止を求めました。

・火災は1月21日午後6時半ごろ基地内で発生、約6,300平方㍍の建物を全焼して12時間後に鎮火。

・翌日の21日午前8時半ごろ、横田基地内の雨水を多摩川に流す雨水管の水を利用した「せせらぎ遊歩道公園」内の池と南公園の排水□近くの水たまりで魚の大量死が見つかった。

 市民の通報を受け市職員が駆け付けたときには水か黒く濁り、周囲に焦げくさいにおいがしていたという。

・池などの水質を調べた結果、雨水管の横田基地からの流入□付近、遊歩道公園内地、南公園排水□で、煤(すす)や仄が入ると値が高くなる有機炭素が基準値(1㍑当たり五㍉㌘)を上回って検出された(南公園排水□では1㍑当たり120㍉㌘)。

・同市では調査結果に基づき「火災の消火に使用した大量の汚濁し
た水が雨水管を通り流入したことによるものと考えるのが妥当」と判断。横田基地の米軍に対し、原因究明と再発防止、速やかな情報提供を求めた。しんぶん赤旗(2/11)4面より









スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。