ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン」(熱狂の日)の今回の見どころ(オーケストラ、合唱団編)

 クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン」の今回の目玉は、多くの古楽器演奏団体の出演だ。これだけの団体が顔を揃えるのはめったにない。本格的な古楽器の音色を聞き比べるとゆう贅沢な機会だ。気になる演奏団体の公演をあげてみた。

○「ダニエル・キュイエ」(指揮、Vn)「ストラディヴァリア」が、フランスの「アッダ」(現在のナイーヴ)に残した数枚のバロックのCDは、いずれも十数人程度の小編成で、古楽器特有のガット弦の染みる音色(ねいろ)と各声部の肉声が明瞭に聴き取られ、イタリア風の情感あふれる演奏が特徴、現在は「ミラーレ」にCDを録音している。

①5月3日 13:30~14:30 ホールB7
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048
 J.S.バッハ:カンタータ「天より雨雪降るごとく」BWV18よりシンフォニア
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第4番 ト長調 BWV1049
  指定席S2,500/A2,000 ※3歳以上入場可

②同 18:30-19:30 ホールB5
 J.S. バッハ:チェンバロ協奏曲 第1番 ニ短調 BWV1052
 J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV1056
 J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲 第7番 ト短調 BWV1058
 ベルトラン・キュイエ(チェンバロ)
 指定席S2,500/A2,000 ※6歳以上入場可

③5月4日 13:15-14:15 ホールB5
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050
 ベルトラン・キュイエ(チェンバロ)
 ※3歳以上入場可

④同 18:45-19:30 ホールB5
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048
 J.S.バッハ:カンタータ「天より雨雪降るごとく」BWV18よりシンフォニア
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第4番 ト長調 BWV1049
 指定席2,500 ※6歳以上入場可

⑤5月5日 17:30-18:30 ホールB5
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050
 指定席2,500 ※3歳以上入場可

○フィリップ・ピエルロ(指揮)の「リチェルカーレ・コンソート」は、古楽器演奏団体としては最古参の演奏団体、ベルギーの「リチェルカーレ」に残したCDは数知れず、現在の古楽演奏団体に多大な影響を残している。CDはほとんどが90年代までのものが多いので、現在の演奏能力は未知数、熟練した腕前が見どころ。
 今回の演奏では、声楽家や「ラ・フォル・ジュルネ祝祭合唱団」との競演が多く、「ヘンデル」の「メサイア」や「バッハ」のカンタータ、宗教曲、演奏される機会の少ない「ブクステフーデ」、「ラインケン」の器楽曲を披露。

①5月3日 16:45-17:45 ホールC
 J.S.バッハ:ミサ曲 ト短調 BWV235
 J.S.バッハ:マニフィカト ニ長調 BWV243
 マリア・ケオハネ(ソプラノ)
 サロメ・アレール(ソプラノ)
 カルロス・メナ(カウンターテナー)
 ハンス=イェルク・マンメル(テノール)
 ステファン・マクラウド(バス)
 指定席S3,000/A2,000 ※3歳以上入場可

②同 21:00-23:30 ホールA
 ヘンデル:オラトリオ「メサイア」HWV56
 未定(バス)
 マリア・ケオハネ(ソプラノ)
 カルロス・メナ(カウンターテナー)
 パク・スンヒ(テノール)
 ラ・フォル・ジュルネ祝祭合唱団
 指定席S4,000/A3,000/B1,500 ※18歳以上入場可

③5月4日 11:15-12:15 ホールB7
 J.S.バッハ:ミサ曲 ト短調 BWV235
 J.S.バッハ:マニフィカト ニ長調 BWV243
 マリア・ケオハネ(ソプラノ)
 サロメ・アレール(ソプラノ)
 カルロス・メナ(カウンターテナー)
 ハンス=イェルク・マンメル(テノール)
 ステファン・マクラウド(バス)
 指定席S3,000/A2,000 ※3歳以上入場可

④同 18:30-19:15 ホールB7
 バッハ 深き悲しみの淵より”
 J.S.バッハ:カンタータ「キリストは死の絆につきたまえり」BWV4
 J.S.バッハ:カンタータ「主よ、深き淵よりわれ汝を呼ぶ」BWV131
 キャサリン・フーグ(ソプラノ)
 カルロス・メナ(カウンターテナー)
 ハンス=イェルク・マンメル(テノール)
 ステファン・マクラウド(バス)
 指定席S3,000/A2,000 ※6歳以上入場可

⑤5月5日 11:15-12:00 ホールB7
 “バッハと先輩・後輩”
 ラインケン:トリオ・ソナタ集「音楽の園」より 第1番 イ短調
 ブクステフーデ:トリオ・ソナタ
 ブクステフーデ:2つのヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、
  通奏低音のためのソナタ
 J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ
 ゴルトベルク:ソナタ
 フィリップ・ピエルロ(ヴィオラ・ダ・ガンバ、指揮)
 指定席S2,500/A2,000 ※3歳以上入場可

⑥同 17:45-18:45 ホールC
 J.S.バッハ:ミサ曲 ト短調 BWV235
 J.S.バッハ:マニフィカト ニ長調 BWV243
 マリア・ケオハネ(ソプラノ)
 サロメ・アレール(ソプラノ)
 カルロス・メナ(カウンターテナー)
 ハンス=イェルク・マンメル(テノール)
 ステファン・マクラウド(バス)
 指定席S3,000/A2,000 ※3歳以上入場可

○「ベルリン古楽アカデミー」は室内オーケストラの編成で、アメリカの「ハルモニア・ムンディUSA」に残したCDは約20枚にのぼるが、「バッハ」「テレマン」「ヘンデル」といったバロックから「モーツァルト」「ハイドン」といった古典派まで幅広い。颯爽(さっそう)として無骨な演奏は、かっこいい従来型の演奏を古楽器で聴ける。
 
①5月3日 13:15-14:00 ホールC
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
 指定席S2,500/A2,000 ※3歳以上入場可

②同 17:15-18:00 ホールB7
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第4番 ニ長調 BWV1069
 指定席S2,500/A2,000 ※3歳以上入場可

③5月4日 16:45-17:30 ホールB7
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066
 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
 指定席S2,500/A2,000 ※3歳以上入場可

 他に、①「ファビオ・ビオンディ」率いる「エウロパ・ガランテ」、②「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」のCDで名をはせたスウェーデンの「ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル」、③バッハのカンタータ全曲録音プロジェクトで世界的な評価が高い日本の古楽器演奏団体「バッハ・コレギアム・ジャパン」、④「モンテヴェルディ」などのマドリガルの数々の録音をスペインのグロッサ・レーベルに残し、美声のハーモニーで世界を驚かせた「ラ・ヴェネクシアーナ」の演奏はできれば見ておきたい。
      ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのチケットは「ぴあ」で
 公演詳細やチケット購入は  をクリックするとピアのサイトへ飛びます。

 一般発売は、2009/3/15(日) 10:00から








スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。