ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンのカスタマーセンターに注文できないかと聞いたらいきなりアカウントを閉鎖された。


 アマゾンジャパンに作っているアカウントを閉鎖されたので、先日、別のアカウントを作ってCDを注文した。
 
 内容が気に入ったので、もう一枚買おうとしたら、注文の釦は通るのに、注文の履歴に残らないので、カスタマーサービスに電話して聞いたら、通常、枚数制限を超えている場合は注文釦を押しても注文できないはずだという。

 カスタマーセンターの担当者は別の要因が考えられるので、専門のスタッフに後からメールさせると言った。

 ・・・

 今日、なかなか返事がこないと思いながら、出かけた先から戻ってきてタブレットでアカウントにログインしようとしてもできない。それで、パスワードを送ってもらおうとしたのだが、それもできない。

 しかたがないので、パソコンでメールを開いてみたら、アマゾンからメールの返事が来ていた。


Amazon.co.jpにご連絡いただき、ありがとうございます。

お問い合わせにつきまして確認いたしましたところ、このアカウントは、以前当サイトにて閉鎖させていただきましたアカウントと関連のある可能性がございましたため、関連アカウントと判断し、誠に勝手ながら閉鎖させていただきました。閉鎖されたアカウントの再開は致しかねますことをご理解いただきますようお願いいたします。

これにより、商品の発送が完了していないご注文につきましては、全てキャンセルさせていただいておりますので、ご了承ください。

当サイトでは、全てのお客様に安全に当サイトをご利用いただけるよう、努めております。今回の閉鎖につきましても、この観点からの対応となりますことを、ご承知おきください。

誠に遺憾ながら、本件について精査し、協議した結果、当サイトではこれ以上お客様にご満足いただけるサービスをご提供できないとの結論に達し、アカウント閉鎖措置をとらせていただく運びとなりましたことを、ご理解くださいますようお願い申し上げます。今後お客様よりアカウントを再登録いただきましても、ご連絡なしにアカウント閉鎖措置を取らせていただく場合がございますことをご了承ください。

永らくAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございました。

返事には”以前当サイトにて閉鎖させていただきましたアカウントと関連のある可能性がございましたため、誠に勝手ながら閉鎖させていただきました。”とある。

 たしかに、勝手だ。カスタマーセンターにもう一枚買えるかどうか問い合わせただけなのに、いきなりアカウントの閉鎖である。なんだか目のかたきにされているとしか思えない。


 ″全てのお客様に安全に当サイトをご利用いただけるよう、努めております…今回の閉鎖につきましても、この観点からの対応となりますことを、ご承知おきください。″という理由もなんだかおかしい。ぼくが他の客になんの迷惑をかけたというのだ。強いていえば、アマゾンのスタッフがぼくに利用してもらいたくないだけではないのか?さらにいえば、今、迷惑をかけられているのはぼくで、迷惑をかけているのはアマゾンの方である。

 実は、かなり以前、このアマゾンの一方的なやり方を注意してもらえないかと羽村市の消費者センターの担当者に相談したのだが、″アマゾンからキャンセルがこれ以上続くと、アカウントを閉鎖する″という連絡のメールが来た後、ダブって注文していたCDを数点キャンセルしてしまったことを伝えたら、″それなら、アカウントを閉鎖されても文句は言えない″というものだった。別のアカウントを造っても閉鎖する権利はアマゾンにあるとも言い、アマゾンに電話でとりもってすらもらえなかった。

 消費者センターというより、販売側の権利?を擁護するための市の組織である。こんなのに税金が投入されていると思うとやってられない。

 ・・・

 カードのブラックリストというものはあるが、警告を受けた後で、注文を数点取り消しただけで一生商品を売らないというブラックリストに乗せるなんて、あまりにえげつなすぎるw

 しかもそういうのを、担当者の名前も書かないEメールだけですませるのである。

 こんなひどい芸当をいとも簡単にやってのけるのは世界のアマゾンの中でも、香港出身の社長"ジャスパー・チャン"が経営するアマゾン・ジャパンだけだろう。

 なんだか、質問しただけで利用停止にするような暴力的通販会社が、これ以上、日本国内で大きな影響を持ち続けると、それこそ、″全てのお客様に安全に当サイトをご利用いただける″のか不安だ。

 アマゾンはぼくと話し合いのテーブルにつき、利用停止にした理由をより納得いくませ説明すべきではないのか?

 地球一のカスタマーサービスとかメールでは言っておきながら、これではまるで北極のような背筋も凍る対応ではないか...

 税金をたっぷり使って消費者庁を作っておきながら、こんな暴力的会社を野放しにしてやりたい放題させているのなら、そんな役所を続ける必要がどこにあるというのだ。

 客を一方的に排除するマフィアのような通販サイトが、日本に法人税も収めず、利益をすべて米国に送金していることを日本の国税庁が許しているから、かえってつけあがっているのではないのか?

 無法者の企業自体も問題である。しかし、それ以上に深刻な問題は、その無法者を正すことが日本の行政に備わっておらず、ただ飯を食らっていることだ。

 そのうち、金ドルとかいう電子書籍リーダーを買わされたあげく、アマゾン・ジャパンに一方的に利用停止の詐欺にあう顧客が増えて大騒ぎになる前に、行政がキチッと対応しないと、金ドルを買わされたあげく、書籍のダウンロードができず、ぼうぜんと立ち尽くす光景が日本中に広がりかねない。


追記:

 アマゾンの担当者:「やれるものなら、俺たちに質問してみろ!」って違うか...
スポンサーサイト

数量限定という理由なのにひとつも注文させずに、再度注文するとアカウントの削除をすると脅すアマゾンジャパンへの質問<後半>

昨日、アマゾン・ジャパン側から下記の回答のメールが来た。

回答は、いたってきまり文句的なもので、ぼくの質問には全く答えず、ただ


当サイトの裁量によりキャンセルさせていただきました。

と、アマゾン側が利用規約の裁量を理由にして、注文を削除した根拠を示さなかった。

その裁量の根拠とされる
Amazon.co.jp 利用規約 「アカウント」は、以下のように記載されている。

----------------------------
 アカウント

当サイトをご利用になる場合、お客様のアカウントとパスワードの機密性を維持し、コンピュータへのアクセスを制限する責任は、お客様にあります。また、ご自分のアカウントとパスワードを使って行われるすべてのことに対する責任を認めることに同意するものとします。Amazon.co.jp は子供向けの商品を販売していますが、販売する相手は成人(20歳以上)のお客様に限られます。20歳未満のお客様は、親権者または後見人が承諾する場合に限り、Amazon.co.jp をご利用になれます。

アマゾンは、それぞれの裁量の下で予告なく、サービスの拒否、アカウントの停止、コンテンツの削除と編集、ご注文のキャンセル、キャンペーンまたはプロモーション等の変更および停止を行う権利を留保します。

---------------------------

 この規約によれば、「アマゾンは、それぞれの裁量の下で予告なく、サービスの拒否、アカウントの停止、コンテンツの削除と編集、ご注文のキャンセル、キャンペーンまたはプロモーション等の変更および停止を行う権利を留保します。」 とある。

つまり、アマゾンは自分たちの裁量で、予告なく注文のキャンセルができる、と言っているのだ。この利用規約に同意したのだから、顧客側にいかなる正当な理由があろうとも、アマゾンはこれを根拠に注文のキャンセルができる。 ということなのだ。

 あまりにも横暴だ。これなら、アマゾンはすべての顧客のどの注文でも勝手にキャンセルができてしまう。

 しかも、利用アカウントを作ったとき、すでにぼくらはこの利用規約に同意させられているから文句はいうな、ということなのだ。


 ・・・

 最後の、「すべてのお客様に迅速に商品をお届けできますよう、以上の処置を取らせていただきましたことを、ご理解くださいますようお願い申し上げます」というのはどういう意味なのだろう。

 すべてのお客様に迅速に商品を届けるためなら、顧客の正当な注文を勝手に取り消していいのか?

 さらにいえば、すべてのお客様が勝手に注文をキャンセルさせられるきまりになっているのだ。しかも、再度注文したくても、
「なお、今後お客様よりこちらの商品のご注文が継続する場合、当サイトでは、関連アカウントを含め、お取引を停止させていただく場合がございますことを何卒ご理解くださいますようお願いいたします。」とアマゾン側が取引き停止をすると言っているのでできないのである。

 通販側の都合で勝手に客の注文をキャンセルし、再度注文するな、とまで言うひとりよがりの身勝手な決まりを客に押し付けるとはなにごとだ!

 香港出身の中国人社長「ジャスパー・チャン」の経営する米国外資の子会社アマゾン・ジャパンが、日本でこのような買って極まりない商売をするのを、ぼくらは黙って見過ごしてもいいのだろうか。

      記

Amazon.co.jpへのお問い合わせ2012年9月28日 金曜日 午後3:19
From: "Amazon.co.jp Customer Service" アドレスブックに追加アドレスブックに追加To: "■■■■■■■■■■■■■■"
詳細ヘッダー
Amazon.co.jpにご連絡いただき、ありがとうございます。

ご注文(#249-0311986-2824825)に関しましては、当サイトの裁量によりキャンセルさせていただきました。キャンセルに関しては、以下の規約をご参照ください。

Amazon.co.jp 利用規約 「アカウント」 
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#account

すべてのお客様に迅速に商品をお届けできますよう、以上の処置を取らせていただきましたことを、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

Amazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございました。

Best regards,

www.amazon.co.jp
Amazon.co.jp Customer Service
http://www.amazon.co.jp/

If you have any questions, please visit our Help.
http://www.amazon.co.jp/english-help
=====================================


---- お問い合わせ内容 ----

*ここからは文字化けしていたので、元のテキストにもどしています*

さきほど、以下のメールをいただきました。

-------------------------------------

いつもAmazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、お客様より承りましたご注文(#249-0311986-2824825)の商品につきましては、人気商品のため、お一人のお客様から承りますご注文商品の数量が限定されております。

しかしながら、担当部署にてお客様のアカウントを確認いたしましたところ、お客様がこちらの商品を複数のアカウントより、当サイトが限定している数量以上の商品を注文していることがわかりました。

当サイトでは、こちらの商品をできる限り多くのお客様にご購入いただけるよう、注文商品の数量を限定させていただいております。そのため、誠に勝手ながら、当サイトが限定している数量以上のご注文につきましてはキャンセルさせていただきましたことをご了承ください。

当サイトは、すべてのお客様にご満足いただけるサービスを提供させていただくよう努めております。今回のキャンセルにつきましても、こちらを維持するための処置となりますことを、ご理解ください。

なお、今後お客様よりこちらの商品のご注文が継続する場合、当サイトでは、関連アカウントを含め、お取引を停止させていただく場合がございますことを何卒ご理解くださいますようお願いいたし ます。

アカウントに関する規約条項は下記をご参照ください。

Amazon.co.jp 利用規約 「アカウント」 
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#account

一度アカウントを閉鎖しますと、その時点でお持ちのAmazonポイント及びクーポンは無効となります。Amazonマーケットプレイス出品アカウントをお持ちの場合、すべての出品アカウントにもアクセスができなくなりますことを、申し添えます。

なお、上記の件につきまして、当カスタマーサービスではお電話での質問を受け付けておりません。 ご不明な点がございましたら、お手数ですが、jp-resolution@amazon.co.jp までお問い合わせください。

Amazon.co.jpをご利用いただき、まことにありがとうございました。?

-------------------------------------

キャンセルされた注文とは、

------------------------------------
注文内容:

Eメールアドレス: ■■■■■■■■■■■■■■■■■

請求先住所:
■■■■■
■■■■■■■
■■■■■■■■■■■

お届け先住所:
■■■■■■■
■■■■■■■■
■■■■■■■■

注文合計: ¥ 1,364

Amazonポイントについて詳しくは以下のURLからご確認ください: http://www.amazon.co.jp/points-help

注文内容:

配送情報 : (この注文は一度に発送されます)

注文番号:
249-0311986-2824825

配送方法:
通常配送

商品:
¥ 1,364

配送料・手数料:
¥ 0

------

注文合計:
¥ 1,364

Amazonポイントの合計はマイポイントページで確認できます: http://www.amazon.co.jp/gp/rewards/ref=ox_oce_mypoints

お届け予定日: 2012年9月28日 - 2012年9月29日

1
"Ost: Copernicus Star"
Original Soundtrack; CD; ¥ 1,364
在庫あり
販売: Amazon.co.jp

---------------------------------
のことと思いますが、ぼくは、この商品を1点しか注文していませんし、今使用できるアカウントもひとつしか持っていません。

御社の言う、「当サイトが限定している数量以上のご注文につきましてはキャンセルさせていただきましたことをご了承ください。 」というのは、ひとつも注文しないでほしいということでしょうか?

そうだとすると、御社の言う、「お一人のお客様から承りますご注文商品の数量が限定されております。」というのは、数量限定というより、1個も注文できないの間違いと思うのですが、違うでしょうか?

数量限定という理由なのにひとつも注文させずに、再度注文するとアカウントの削除をすると脅すアマゾンジャパンへの質問<前篇>

 昨日、アマゾン・ジャパンに再度作ったアカウントから1枚のサントラを注文したら、今日、アマゾン・ジャパンから注文のキャンセルを伝えるメールが来た。

いつもAmazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、お客様より承りましたご注文(#249-0311986-2824825)の商品につきましては、人気商品のため、お一人のお客様から承りますご注文商品の数量が限定されております。

しかしながら、担当部署にてお客様のアカウントを確認いたしましたところ、お客様がこちらの商品を複数のアカウントより、当サイトが限定している数量以上の商品を注文していることがわかりました。

当サイトでは、こちらの商品をできる限り多くのお客様にご購入いただけるよう、注文商品の数量を限定させていただいております。そのため、誠に勝手ながら、当サイトが限定している数量以上のご注文につきましてはキャンセルさせていただきましたことをご了承ください。

当サイトは、すべてのお客様にご満足いただけるサービスを提供させていただくよう努めております。今回のキャンセルにつきましても、こちらを維持するための処置となりますことを、ご理解ください。

なお、今後お客様よりこちらの商品のご注文が継続する場合、当サイトでは、関連アカウントを含め、お取引を停止させていただく場合がございますことを何卒ご理解くださいますようお願いいたし ます。

アカウントに関する規約条項は下記をご参照ください。

Amazon.co.jp 利用規約 「アカウント」 
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#account

一度アカウントを閉鎖しますと、その時点でお持ちのAmazonポイント及びクーポンは無効となります。Amazonマーケットプレイス出品アカウントをお持ちの場合、すべての出品アカウントにもアクセスができなくなりますことを、申し添えます。

なお、上記の件につきまして、当カスタマーサービスではお電話での質問を受け付けておりません。 ご不明な点がございましたら、お手数ですが、jp-resolution@amazon.co.jp までお問い合わせください。

Amazon.co.jpをご利用いただき、まことにありがとうございました。�


 なんと、アマゾン・ジャパンは、ぼくが複数のアカウントからこのCDを何枚も注文したから、注文をキャンセルしたというのだ。

 いいがかりだ。

 しかも、このサントラをまた注文すると、今度はまたアカウントを利用停止にするという脅しまでしたきた。しかたなく、ぼく抗議をすべくメールで指定されたアドレスに質問することにした。電話での応対については受け付けないというからだ。

質問したメールの内容は次のとおりだ。


___________________________________________________________________


RE:Amazon.co.jpご注文のキャンセルについて2012年9月27日 木曜日 午後6:35
From: ■■■■■■■■■■■■■■ アドレスブックに追加アドレスブックに追加To: jp-resolution@amazon.co.jp
詳細ヘッダー


さきほど、以下のメールをいただきました。

******************************************************

いつもAmazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、お客様より承りましたご注文(#249-0311986-2824825)の商品につきましては、人気商品のため、お一人のお客様から承りますご注文商品の数量が限定されております。

しかしながら、担当部署にてお客様のアカウントを確認いたしましたところ、お客様がこちらの商品を複数のアカウントより、当サイトが限定している数量以上の商品を注文していることがわかりました。

当サイトでは、こちらの商品をできる限り多くのお客様にご購入いただけるよう、注文商品の数量を限定させていただいております。そのため、誠に勝手ながら、当サイトが限定している数量以上のご注文につきましてはキャンセルさせていただきましたことをご了承ください。

当サイトは、すべてのお客様にご満足いただけるサービスを提供させていただくよう努めております。今回のキャンセルにつきましても、こちらを維持するための処置となりますことを、ご理解ください。

なお、今後お客様よりこちらの商品のご注文が継続する場合、当サイトでは、関連アカウントを含め、お取引を停止させていただく場合がございますことを何卒ご理解くださいますようお願いいたし ます。

アカウントに関する規約条項は下記をご参照ください。

Amazon.co.jp 利用規約 「アカウント」 
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#account

一度アカウントを閉鎖しますと、その時点でお持ちのAmazonポイント及びクーポンは無効となります。Amazonマーケットプレイス出品アカウントをお持ちの場合、すべての出品アカウントにもアクセスができなくなりますことを、申し添えます。

なお、上記の件につきまして、当カスタマーサービスではお電話での質問を受け付けておりません。 ご不明な点がございましたら、お手数ですが、jp-resolution@amazon.co.jp までお問い合わせください。

Amazon.co.jpをご利用いただき、まことにありがとうございました。�



-------------------------------------

キャンセルされた注文とは、

------------------------------------


注文内容:
Eメールアドレス: ■■■■■■■■■■■■■■■
請求先住所:
■■■■■
■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■

お届け先住所:
■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■



注文合計: ¥ 1,364
Amazonポイントについて詳しくは以下のURLからご確認ください: http://www.amazon.co.jp/points-help


注文内容:
配送情報 : (この注文は一度に発送されます)
注文番号: 249-0311986-2824825
配送方法: 通常配送
商品: ¥ 1,364
配送料・手数料: ¥ 0
------
注文合計: ¥ 1,364

Amazonポイントの合計はマイポイントページで確認できます: http://www.amazon.co.jp/gp/rewards/ref=ox_oce_mypoints


お届け予定日: 2012年9月28日 - 2012年9月29日 1 "Ost: ■■■■■■■■■■■■■"
Original Soundtrack; CD; ¥ 1,364
在庫あり
販売: Amazon.co.jp

---------------------------------

のことと思いますが、ぼくは、この商品を1点しか注文していませんし、今使用できるアカウントもひとつしか持っていません。

御社の言う
、「当サイトが限定している数量以上のご注文につきましてはキャンセルさせていただきましたことをご了承ください。 」というのは、ひとつも注文しないでほしいということでしょうか?

そうだとすると、御社の言う、「お一人のお客様から承りますご注文商品の数量が限定されております。」というのは、数量限定というより、1個も注文できないの間違いと思うのですが、違うでしょうか?

************************************************

果たして、このならず者企業はぼくに対してどう出てくるだろうか?

問い合わせ先は、jp-resolution@amazon.co.jp

潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)
(2010/12/07)
横田 増生

商品詳細を見る


----------------------
追記:

 ちなみに人気商品というこのCDの通販サイトのランキングは以下のとうりであった。

 Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 1,383,470位

追記:9/28

一度アカウントを閉鎖しますと、その時点でお持ちのAmazonポイント及びクーポンは無効となります。】ていうのは、許可なくポイントを勝手に取り上げることだから詐欺にあたるし、【Amazonマーケットプレイス出品アカウントをお持ちの場合、すべての出品アカウントにもアクセスができなくなります】っていうのは、すでに出品している場合の営業妨害にあたるから、商法違反にあたるのでは?

追記:

 考えてみれば、【一度アカウントを閉鎖しますと、その時点でお持ちのAmazonポイント及びクーポンは無効となります。】ってのは閉鎖するのはアマゾンだから、ポイントを取り上げるって脅迫だよね。【Amazonマーケットプレイス出品アカウントをお持ちの場合、すべての出品アカウントにもアクセスができなくなります】ってのは、アマゾンが勝手に出品をさせなくすることだから、業務上妨害の罪にあたる。これって刑法犯罪じゃないの?

Amazon.co.jpへのお問い合わせ…香港出身のジャスパー・チャンからの回答

Amazon.co.jpへのお問い合わせ
Amazon.co.jp Customer Service
2012/09/24 (月) 22:34

平素は、Amazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当サイトでは、総合的な判断によりアカウントの停止などの処置を行う場合がございます。誠に残念ながら、お客様のアカウントにつきましては、総合的な判断により、関連アカウントを含め、お取引を停止させていただくことになりましたので、ご承知おきください。誠に申し訳ございませんが、アカウントの再開はいたしかねます。アカウントの閉鎖に関する規約は下記をご参照ください。

Amazon.co.jp 利用規約 「アカウント」 
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#account

誠に遺憾ながら、本件について精査し、協議した結果、当サイトではこれ以上お客様にご満足いただけるサービスをご提供できないとの結論に達し、アカウント閉鎖措置をとらせていただく運びとなりましたことを、ご理解くださいますようお願い申し上げます。今後お客様よりアカウントを再登録いただきましても、ご連絡なしにアカウント閉鎖措置を取らせていただく場合がございますことをご了承ください。

本件につきましては、お電話にてお問い合わせいただいてもお答えすることができません。お手数ではござい ますが、ご不明の点などがございましたら、jp-resolution-english@amazon.co.jp 宛てに直接Eメールにてお問い合わせくださいますようお願いいたします。

永らくAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございました。

========================================
Amazon.co.jp カスタマーサービス http://www.amazon.co.jp/

Amazon.co.jp は、お客様からのご意見により、地球上で最もお客様を大切にする会社を目指しています。
========================================


 いわゆる問答無用というやつです。これがアマゾンの真の姿。

 社長は香港出身のジャスパー・チャン

 日本で商売し、日本人の顧客を問答無用で排斥する中国人

 中国と米国の日本支配と奴隷化はもう始まっているのだ。

 アマゾンに追い出されますか?それとも、アマゾン追い出しますか?


潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)
(2010/12/07)
横田 増生

商品詳細を見る


-----------------
追記:

 アマゾン・ジャパンは日本に納税しなさい。日本の海外企業はそれぞれの国で納税しています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。