ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかした青年に観えるマイケルジャクソン(50)の映像を観ながら、『ピーターパン・シンドローム』ってゆう古い流行語を想いだしていた

おしろいぬりたくてる
健在ぶりを示していた最近のマイケルジャクソンの映像
 =NEWS ZERO(6/26)放送分より

 白く塗りたくった童顔の顔、スマートで機敏なダンスの動き...

 マイケルジャクソンというと、そんな若く華麗なエンターテナーというイメージが今でもある。しかし、彼が原因不明の死をとげたとき、彼は50歳、中年のおわりに差し掛かっていた。

 ・・・

 昨日書いたニュース・バラエティのことで、解説者の寺島実朗氏が、マイケルジャクソンのことでコメントしているのを聞きながら、ふと、『ピーターパン・シンドローム』ってゆう古い流行語を想いだしていた。

 この流行語は20年以上前に言われ始めて、最近はめっきり言われなくなたことばだけど、要するに「おとなになれない精神的に子どものままのおとな」のことだ。子ども向けの番組に執着するアニメオタクなんて呼ばれるひとや、はたからみて、どうでもいいおもちゃみたいなものを作ったり、集めたりひとも、『ピーターパン・シンドローム』なんじゃないかな。

 要するに、おとなになった後に直面する現実の社会に違和感を感じ、慣れることができず、子どものころから好きだったことに逃避して今までの自分の価値観を守ろうとするんだと思う。

 でも40代にもなると、逃避する自分の価値観と現実のギャップが許容できる範囲を越えてくる。

 ・・・

 「おとうさん、新聞読んでる!」

 つい先日、スーパーのベンチでぼくが新聞を読んでいると、ガラス越しに外からぼくの様子を観ていた小さな女の子がぼくの方を観て言った。普段10歳は若くみられ、よくなめられたりするぼくだけど、子どもの目にうつるぼくは、いい「オヤジ」だ。

 かつての学生のときの同窓生から今年もらった数枚の年賀状を見ると、小学生の子どもの写真が裏面に写っている。その同窓生は持ち家やマンションを持ち、堅実に家庭を守っている。専門を別にすれば、ぼくの同世代の話題の中心は子どものこと。ぼくはどうも話題についていけない。かつては「誰が結婚一番乗りかな」とか話していたけど、今では死語になってしまった。

 ・・・

 今まで、まわりのことを気にする余裕もなく、ひたすら必死に生き抜いてきたけど、ふと手をゆるめて周りを見れば、ぼくひとり取り残されてしまった気分だ。これまでは、「そんな場合じゃない」で済ましたけれど、今の自分の生き方には限界を感じることが多くなった。

 多くのひとは子どもを持つと、親としての責任感を持ち、自分の価値観の中心を子育てに変えらざるをえなくなる。それまでは、自分のふるまいは自己責任で済まされたが、子どもを持ったら、まず第一に家族のためにふるまわなければならないし、家族に苦労をかけられない。そんな責任感が生まれるとき、ぼくらは『ピーターパン・シンドローム』を卒業し、初めて精神的にも真の『おとな』の門に一歩を踏み出す。

 ・・・

 赤ん坊とともに写ったマイケルの映像を観たとき、彼がそんな『おとな』に変わることができたのか、それともステージ上を華麗に踊りながら歌ういかした青年であることを50歳まで願い続けていたのだろうか。

 そんなことを考えながら、スーパーの前の公園の歩道をスタスタと歩くぼくと並んで、駆け足で走る坊やの頭をなでながら、ひと声、ふた声、坊やに声をかけた。








スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

状況の変化を受け入れて、少しずつ孤立感をなくしていく―ぼくにとっての『中年の危機』の乗り越え方

ごめいふくをおいのりします
マイケルジャクソンの訃報についてコメントする寺島実朗氏
 =報道ステーション(6/26放送分より)

 先週の金曜日(26日)、米国の大スターシンガー、マイケルジャクソン(51歳)の訃報を、テレビのニュース・バラエティーで特集していた。その中で、ゲスト解説者の寺島実朗氏(62歳)のマイケルの死を「中年の危機」ととらえたコメントが印象に残った。

以下はそれに関するコメント。

寺島「そんな中でぼく、へんなことを言うかもしれませんけれども、中年の危機に潰されたんだなって気がするんですよ。少年としてね、ジャクソン・ファイブのひとりとして出てきて、もう子どものころからある種の栄光を背負ってたってゆうかね。

 で、そういう人ほど多いんですけど、みんなどんな人でも40歳から50歳にさしかかると、自分の人生の行き詰まりだとかね、おれはこれでいいんだろうかってなところに、つまづいていくもんなんですね、つきあたっていく。

 で、それをつきやぶっていかなきゃいけないんでけども、要するに彼の場合にはあまりにもまわりからの期待だとか、それから、まわりが彼によって生きてる人が多いから、依存されて、それにのしかかってくるとかってものを、ほんとに重圧だったんだろうな、そのストレスのなかで薬物だとか、なんとかってものに、落ち込んでったのかな、と。

 で、問題はその中年の危機なんですけど、誰もがぶち当たるんですけど、私もいろんな過去の生き綴った本があるんですけども、先人のね、ひとつ教訓があってですね、やっぱ中年の危機を乗り切るにはふたつしか方法がないってですね、

 ひとつは友人もしくはパートナーによってですね、心のどっかを支えられるってゆうか、彼、ほんとうに話せる友達がいなかったんだろうな、っていう部分とですね
、」

キャスター「彼の名声の友人がおおかったんでしょうね

寺島「そうそう、名声の友人はいくらでもまわりを取り巻いてもですね。

 で、それと、あとはあの、なんてっかですね、新しい使命感てゆうかですね、結局おれはこの仕事で生きていくんだっていうかですね、使命感をどっかでギアを切り替えないとですね、中年の危機っていうのに潰されるケースって多いんですよね。

 で、そういう面で彼を観てるとですね、ほんと、栄光を背負ったがゆえにですね、中年の危機、乗り切れなかったんだなって、そういう気持ち持ちますけどね
。」

 ・・・

 寺島氏はマイケルの死に間接的に関わった要因として、中年が陥る危機として、ふたつをあげた。ひとつめは、心のどっかを支えられる、ほんとうに話せる友達がいなかったのではないか。ふたつめは、影響力を与えすぎたために使命感に潰されたのではないか、というものだ。

 マイケルに友達がいなかったのか、多大な使命感を持っていたのか、ほんとうのところはわからないが、この「中年の危機」は自分にもあてはまるような気がする。

 ・・・

 ひとりで、もくもくとブログ書きという仕事をしていると、ときどき友人と連絡をとりたくなる。しかし、中年となったぼくの周囲は、会社の中でも部課長クラスだったり、一兵卒でも責任を伴った仕事をしているものが多い。そういう友人は自分と同じような責任をもった友人とは話したがるが、ぼくのような人生の脱線者と話すのを嫌いがちだ。

 だから、かつての友人は、今は友人たりえないことが多い。だから、ぼくは、いとこや叔父さん、叔母さん、地元議員や店員を話し相手に選らぶ。しかし、心の悩みを聞いてくれるひとには出会えないままだ。

 ・・・

 考えてみると、ぼくは、ぼくの趣味志向に会ったひと以外とはあまり関わろうとしなかった気がする。つまり自分にとって楽しいひと、自分の興味に刺激を与えてくれるひと、みたいなひとばかりを選んで話していたような気がする。しかし、ぼくが職を失い、貧困の生活を甘受しなければならない今、そういう人たちは、ぼくをほとんど相手にしてくれなくなった。

 このごろは、話し相手を選ぶのではなく、自分に話しかけてくれるひととなるべく話すようにしている。よく、スーパーのベンチに座っていると話し相手になってくれるひとがいる。心の悩みを聞いてくれるひとというわけではないが、せけんばなしのひとつもすれば、けっこう気晴らしになっている。

 ここ数年、団地の階段を降りたり、昇ったりするときに出会う隣近所の方とあいさつもできるようになったことも、気分を軽くしている。

 ・・・

 ぼくにとって「中年の危機」とは、ぼく自身を決め付けてしまい、ぼくの状況の変化を受け入れなかったことで、ぼく自身の孤立感を深めてしまったことが大きいように思われる。

 しかし、なるべく誰かが、ぼくに接してくれるところに行き、ぼくと接してくれるひとたちを受け入れることによって、劇的とはいかないが、少しずつ、ぼくは「中年の危機」を乗り越えられると思っている。

----------------------------
後記:

 三日間、休んでいたわけではないが、スランプに陥り記事が書けなかった。今日、記事が書けてほんとうにうれしい。ここ数日、厳しい日々が続きそうだが、なるべく書けるときを逃さず記事を書いて行きたい。








テーマ:日記 - ジャンル:日記

気分転換のために連日のように梅サワーを飲んでいたら、主治医に『断酒』しなさいと言われ、代わりに飲む飲料を探した

いちばんからだにやさしいのはどなた

 先日、精神科の開業医に行って診察を受けたときに、「夕方、スーパーのベンチで気分転換のために、梅サワーの350ml~500ml缶をひと缶飲むのがしばしばになっている」と話したら、
 「『禁酒』いや『断酒』だ。」、「『断酒』を最優先にしなさい」と言われてしまいびっくりしてしまった。少量のアルコールだが、主治医によると、精神障害者は、他のひとに比べて、アルコール中毒になりやすいという。

 平行してカロリーに関しても、ビールなどの飲料で「糖質ゼロ」と表示している商品があるが、アルコールにカロリーがあるので、カロリーがないというわけではない、と言った。主治医は「ダイエットコーラならいいからそうしなさい」、と言った。

 かなりきつい主治医の指示にとまどいながら、帰りぎわに駅前のスーパーでアルコール分がなくて、発泡酒や梅酒と同じようにほろ酔い気分が味わえる飲料を探した。

 ・・・

 いろいろと観ていくと、サワー系の飲料には、糖質ゼロも、アルコールゼロもなかった。ビール系の飲料は、「糖質ゼロ」の表示がある商品がいくつかあったが、アルコール分は4、5%含まれており、成分表示を観ると100mlあたり24kcalとかある。ひとつだけ「Alc.0.00%」と缶に表示されている「キリンフリー」という商品名の350mlの麦芽飲料を見つけた。

 販売価格は138円で、いつも飲んでた88~108円の梅サワーより高かったが、ほろ酔い感が味わいたくて、買って飲んでみた。

 ・・・

 ひと口、口に含んだら、すぐにビールの数倍の濃厚な苦味で顔がゆがんだ。スパークリング感は、発泡酒「のごごし生」ほどはない。アルコール分がないせいか、酔って頭が麻痺していく感じは全然ない。時間をかけて飲み終わったが、ほろ酔い感を味わうことはできず、ただやたらと苦い中途半端な炭酸飲料を飲んだ感じだった。

 次の日、また同じスーパーを訪れたぼくは、梅サワーを飲んだときと同じ気分を味わえるかを試すために、ダイエットコーラを探した。

 500ml入りのペットボトルの共に98円の「ペプシNEX」と「コカコーラZERO」と、1.5㍑のペットボトル入りの158円の「ペプシNEX」があり、どうせ買うなら1.5㍑入りの方が特だとは思ったが、1.5㍑もコーラを飲むのはからだに良くない気がして、結局、500ml入りのペットボトルの98円の「コカコーラZERO」を買って飲むことにした。

 ・・・

 最初のひと口、口に含んだ瞬間、強烈なスパークリング感が伝わってきて舌がひりひりした。そして、濃厚な甘みによって、ぼんやりとしていた頭が醒めた感覚がした。「キリンフリー」を飲んだときはなかなか進まなかったけれど、500mlの「コカコーラZERO」はあっとゆう間に飲んでしまい、もう少し飲みたい感じが残った。アルコール分はなかったが、梅サワーを飲んでいたときになったほろ酔い感に似たボーット感をしばし味わうことができ、満足した。

 診察を受けてから3日経ったが、今のところアルコールを求める欲求はない。どうやらアル中にはなっていないようだ。主治医に言われた『断酒』の指示をいつまで守れるか、正直なところ自信はないが、飲みたくなったら、できるだけダイエットコーラで気を紛らわすことにしようと思う。

※ 炭酸飲料は虫歯の原因になりやすいので、飲んだ後は歯をみがくことを勧める。(実は、最近、歯痛なのだ)。








テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「公取委、セブンイレブン・ジャパンに弁当類の値引き制限について排除命令」でコンビニ弁当の見切り売りが認められそうだけど、そもそもコンビニ弁当は安全性が疑問で食べてないから...

 昨日、コンビニ最大手のセブンイレブン・ジャパンに弁当類の値引き制限について、公正取引委員会(公取委)から排除命令を受けた。FC(フランチャイズチェーン)加盟店が、弁当類などの売れ残り商品の廃棄に伴う仕入れ原価での廃棄損の全額負担に苦しんでいた「FC加盟店主3人」毎日.JP(6/23)が、公取委に訴えたのが身を結んだかたちだ。※

 「店主らは労働組合結成の準備を進めており、連日のように店主からの相談があるという。」毎日.JP(6/23)

 ・・・

 ぼくは、糖尿病の教育入院をした2002年の夏以降、コンビニの弁当や惣菜類をほとんど食べていない。それらに入っている防腐剤がすい臓や肝臓などの内臓疾患を引き起こすから食べないほうがいい、と栄養指導の場で言われたからだ。それで、今は宅配弁当を食べたり、スーパーで売られている弁当を食べている。コンビニ弁当の方がスーパーの弁当より品数豊富だけれど、健康のことを考えるとどうしても手が出にくい。

 今では、スーパーの惣菜コーナーの弁当や惣菜が見切りになるのを、閉店一時間前になっても待ち続けることが多いが、コンビニに行って弁当の見切り品をあさることはない。

 むしろ、今回の公取委の命令でコンビニが弁当の見切り販売を始めれば、スーパーも今より多く見切り品を出して、見切りする時間を2年前のように夕方ごろに早めてくれるといいな、と感じている。

 ぼくのような家賃以外に使えるお金が9万円/月以下の超貧困層(年収150万円以下、約1千万人)は、スーパーで気軽に定価のパンや弁当を手に取ることはまずない。だいたい何軒かのスーパーをはしごして見切り品の弁当を2つくらい買って、冷蔵庫に入れておく。ぼくの経験値では、賞味期限のふつか後ぐらいまでなら、腐らないようだ。

 ・・・

 最近、駅前の大手スーパーがおかずの点数を減らして298円弁当を三種類(焼肉、魚、ハンバーグ)出した。この価格なら定価で買えるので、見切り品を追い求めるストレスが減っている。

 ようするに、コンビニが安全かつ今より安い弁当を販売すれば、ぼくらのような今までコンビニで買わなかった超貧困層が訪れて弁当を定価で買い、今より売れ残りが減ってFC加盟店のオーナーが捨てる弁当がなくなると思う。もっとも、値段の高い弁当はそのかぎりではないが...

※ 本記事は日本経済新聞(6/23)の記事を参考にしています。









テーマ:日記 - ジャンル:日記

新聞代の滞納の汚名は晴らされたが、滞納分を全額支払った後でも割引きで新聞を継続することはできなかった

 今朝は何年かぶりに、新聞が来なかった(休刊日を除く)。
 ぼくは「新聞社のブラックリストに載っている」、と販売店の配達員のHさんに言われたことが気がかりで、新聞社に電話をしたら、販売担当の女性が電話に出た。

 ぼくが「新聞代を故意に滞納したわけではなく、販売店のひとが集金に来なかったのに、いきなり新聞を止められたあげく、ブラックリストに載せられた」、と女性にわけを話すと、女性は新聞社にブラックリストなどないという。新聞の販売に関しては販売店にまかせている、と言った。ぼくの住所、氏名、電話番号を聞いて販売店に問い合わせるから、販売店と連絡をとってください、と言った。

 ・・・

 しばらくして、販売店のI店長から電話がかかってきた。Iさんと電話で話しているうちに話がもめて、Iさんがぼくのところに来ることになった。

 Iさんによると、ブラックリストは販売店のパソコンに載るもので、ぼくはまだ、ブラックリストに載っていないという。

 Iさんは自らが集金を怠っていたことを認めたが、新聞代が何ヶ月も滞っていたら、ぼくの方から連絡すべきだと言った。

 ぼくは、「販売店に行っても Iさんがいなくて支払いができず、半年くらい前に三ヶ月分を支払ったのち、Iさんが集金に来ると言ったのに、Iさんが集金に来なかったではないか」、と言うと、I さんは「販売店の留守番電話にぼくが伝言を入れるべきだった」、と言う。

 ぼくは、思ったとおりに「そんなことを聞いたのは初めてだった」と言った。

 ・・・

 ぼくはIさんの上司の所長さんに、「ぼくが滞納していたわけではないので、ぼくに非はないことを説明すれば、今までどおり、割引きで新聞をとれるんじゃないか」、と言うと、Iさんは、「所長に内緒で割り引きしていたのが見つかったのが問題で、滞納とは関係ないから無理だ」と言った。

 さらに、「そんなことを所長に言えば、ぼくが集金をさぼっていた責任を問われ首になるから止めてくれ」と、Iさんは言った。ぼくは今までIさんによくしてもらっていたので、ぼくが悪者になっていないことをIさんに確認したうえで所長に電話するのを止めることにした。

 結局、Iさんに滞納分を全額支払ったが、「今月分は払わなくてもいい」とIさんは言った。定価でとらなければ、新聞は配達できないと言われたので、今日から新聞が読めなくなった。

 「このあと所長とともに新聞社にありのままを報告しなければならない。」と言った Iさんは、非常にサバサバしていた。話が終わった後、Iさんに、「また定価で新聞がとれるようになったら電話しますからよろしく」とぼくは言い、気持ちよく別れた。

 ・・・

 今は、今日から新聞が読めなくなってとても落胆している。もっとも「しんぶん赤旗」は読めるので、そちらで我慢するしかないな、と思う。

----------------------------------
追記:6/22
 Iさんに電話して、結局、定価4,383円(朝夕刊セット)で新聞の購読を継続することにした。Hさんは恐いので別のひとに集金してもらうことになった。
 せっかくNTTを解約して節約したのに、トホホ...









テーマ:日記 - ジャンル:日記

今日の夕刊が入ってなかったので、販売店を訪れたら新聞を止められていたあげく、滞納でブラックリストに入れられていた

 今日の夕方、買い物と気分転換を兼ねて出かけようとしたところ、郵便ポストに夕刊が入ってなかった。ぼくは配達のひとが忘れたのかと思い、駅前のスーパーに行く途中にある販売店に立ち寄った。

 中にはひとり配達員がいたので、尋ねると一部夕刊をくれた。帰ろうとしたら、昨年の途中まで、ぼくのところに集金に来ていた初老の配達員Hさんが、ぼくの前に現われてぼくに言った。

 「ぼくが、配達してるおばちゃんに言って、配達を止めさせました。」

 Hさんは、続けて言った。

 「あなた、ずいぶん滞納があるでしょ、だから止めました。」

 ぼくは戸惑った。なぜなら、新聞代の支払いは店長のIさんにすることになっていたからだ。それに、Iさんはぼくが部屋にいるときに集金に来てくれなかったし、いつも新聞代を払いに行っても Iさんは留守で、他の配達員は支払いに応じてくれなかった。

 ・・・

 Iさんと半年くらい前に道ばたでバッタリ会ったとき、話し合いのすえ、Iさんがぼくのところに電話をしてから集金に来るということになったが、あれから、電話もなければ尋ねてくることもなかった。

 滞納のために新聞社のブラックリストにぼくが載っている、とHさんは言った。

 電話連絡や集金に来ないのに、いきなり新聞を止められ、新聞社のブラックリスト?

 ぼくは戸惑った。Hさんに「カネはあるのか」と聞かれ、今は手元に二千円しかないと答えた。滞納は7ヶ月分だった。

 CDの通販会社が7月に購入予定のオーダーを、先月と今月、突然に分割発送して送りつけてきたので、それまで新聞代としてキープしておいたカネを使ってしまっていた。

 ・・・

 「集金に来なかったら、現金書留を販売店に送ってでも支払うのが常識だ」と、Hさんは言った。IさんやHさんの怠慢で集金に来なかったのに、ぼくが送金のためのお金や手間を払って助けるのが常識だという。

 Hさんは集金のことになると、まるでチンピラのようにぼくの鼻っ先に近づきながら自分の考えを大声でわめき立てたので、ぼくが何度も後ろに下がったり、Hさんが遠くになるように回り込んだりした。

 ぼくがHさんの言い分に疑義をはさむと、Hさんが第三者に聞いてもらおうと言ったが、関わりあいたくなさそうに無視していたもうひとりの配達員のひとは、話を聞くのを断った。

 Hさんは「昔は自分は大企業で何人も使っていた人物だった」とか、なんとか言いながら、自分の言うことは常識だとなんども強調したり、ぼくがHさんの話が間違っているのを指摘するとHさんは別の話題に変えてごまかした。そのへんによくいる典型的なゴネトクじじいだった。

 ・・・

 ぼくは、Hさんの話が30分以上も続くのに辟易(へきえき)していた。

 「とりあえず一ヶ月分払うから、残りの支払いはちょっと考えさせて。一ヶ月分払ったら、止めるのやめてくれる?」と、ぼくは聞いた。

 Hさんは滞納分を全額払わなければ、止めたままにするという。また、以前から内緒で少し割り引きしてもらっていたのだが、滞納分を全額支払った後では、割引できるかわからないと言った。

 とりあえず、明日、Hさんにぼくのところに集金に来てもらい、一ヶ月分を払うことを決めた後、店長である Iさんと携帯で話すことになった。

 Iさんの言うことによると、滞納月が長すぎて本社(新聞社)に割引きがばれてまずくなったという。一ヶ月分だけでなくて、滞納分を全額支払わなければ、続けてとることは無理だとも言った。

 ぼくは、とにかく滞納分を全額支払ってから、新聞を取るしかないと分かった。新聞を取るのを再開しても、その後、割引きしてもらえるかどうかはわからなかった。

 ・・・

 気になったのは、Iさんがぼくのところに何度も電話したが、ぼくが電話に出なかった、と言ったことだ。それで、Iさんは集金できなかったと言い、滞納はIさんが集金に来なかったことではないと強調したことだ。ぼくはIさんのことをここ数年信頼していたので、このことにとても傷ついた。あげくのはてに、ブラックリストにぼくの名前が載っている。

 I さんの怠慢でこまめに集金に来なかったからじゃないか。ぼくは Iさんに「カネがあるときに払っておかないと、払えなくなる」、といつも言っていたのだ。

 I さんがぼくが電話に出なかったと繰り返し言ったのには理由があると思う。もし Iさんが、集金を怠っていたことが本社に知れれば、Iさんが責められるからだ。Iさんが集金を催促したのに、ぼくが不在をよそおって支払いに応じなかった、ということにすれば、Iさんは責めを負わずにすむ。Iさんはぼくがブラックリストに載っていることに関しても、自分には関係なさげだった。

 ・・・

 帰って、母のところで食事をしているときに、そのことを母に話したら、憤慨したあげく、残り六ヶ月分の新聞代を貸してくれた。

 母は別の販売所で新聞を取ったらどうかとぼくに言ったが、割引してもらえる可能性がある販売所はそこだけだし、いま取っている新聞はそこだけでしか取れなかった。

 ぼくは定価で新聞を取る余裕がないので、滞納分を一括して支払う前提で、今までどおり新聞がとれるか交渉するしかない。そのときあわせて、ブラックリストが、ぼくにどのような不利益をもたらすか聞いてみようと思う。

--------------------------
追記:
 母が友人に聞いたところ、ぼくと同じ目に会っていたそうだ。そのひとは新聞社に苦情を入れたら、販売店のひとが商品券を持ってわびにきたらしい。

 とにかく、販売店のひとがしばらく集金に来ない場合は、同じ手を使われてブラックリストに入れられそうなので、注意したほうがよさそう。

 根本的な問題は、販売店のひとが集金にこれないくらい忙しいことに原因があると思う。









テーマ:日記 - ジャンル:日記

麻生総理、国会党首討論で高校生の子どもを持つ生活保護の母子家庭に事実誤認の2万円の扶助の言及、働いていない母子家庭の母子加算廃止には触れず

ああ、あにめのでんどうが...

あげてもないのにあげたというひと
テレビ朝日「報道ステーション」6月17日放送分より

 昨日の国会での麻生・自民党党首-鳩山・民主党党首討論では、鳩山党首から、3年かけたのち、今年4月から全廃された生活保護の母子加算を元に戻すべきだという質問が出た。

 これに対し麻生党首の答弁は次のとおりだった。

麻生「月額2万3千円というのを、一律母子加算というのを、廃止しましたが、しかし高校に行っておられる方とか、というのに関しましては2万円。またご存知のように、働いておられる、いわゆる就労しておられるには、対しましては、1万円というのをきちんと出させていただいてますし、はっきり母子家庭を支援をしていくという視点ははっきりしておると思います。」(テレビ朝日:報道ステーションより)

 生活保護の母子家庭には、次の助成金を支給しているので母子加算は不要というものだ。
①親が働いている場合は、1万円/月の助成金を支給
②高校に通う子供に、2万円/月の助成金を支給

 ・・・

ぼくの街の市役所の生活保護担当に聞くと、

①に関して、生活保護の場合、ひとり親が就労している場合のみ、就学促進費が支給され、収入が3万円以上の場合に1万円、3万円未満の場合は5千円である。就労していないひとり親には1円も支給されない。

 だから、「親が働いている場合は、1万円/月の助成金を支給」というのは、生活保護を受けている母子家庭のうち、3万円以上収入のある母親の世帯のみのことを言っているのであって、全部の母子家庭に支給されているとする麻生内閣総理大臣の答弁は誤りである。また、このような発言は生保を受けているまじめな母子家庭に対する世間の誤解を助長する発言で、国会で謝罪すべきだ。

②に関して、生活保護を受けている母子家庭の子どもの高校生に支給されている援助は、生業扶助として就学費が支給されており、基本額が5,300円、学級費が1,780円の計7,080円である。尚、今年7月からぼくの住んでいる街では、学習支援費が5,010円支給される。
 
だから、党首討論のあった時点で、「高校に通う子供に、2万円/月の助成金を支給」されている麻生内閣総理大臣の答弁は誤りで、正しくは、約7千円である。実際より、1万3千円も多く支給しているいうこのような発言は生保を受けているまじめな母子家庭に対する世間の誤解を助長する発言で、国会で謝罪すべきだ。


------------------------------

 一般の母子家庭が受けている手当てと生活保護を受けている母子家庭の手当てでは、どう違うのだろうか

 所得税と住民税を税額控除により免除されている低所得・母子家庭のうち、母、子ども1人の場合(③免除対象最大収入141.1万円/年)と母、それから、生活保護を受給している母子家庭について比較してみた。生活保護制度の体系は複雑なので、最もシンプルな体系で見積もっている。

 まず、ぼくの住んでいる街(2級地1)の場合、
 母親が50歳、子どもが16歳(一般的な高校生1年の年齢)とすると、生活扶助費の飲食費にあたる1類は、34,700円(母)+38,290円(子)となる。それ以外の2類は、43,740円(2人)となる。したがって生活扶助費の合計は、116,730円となる。

 ・・・

 住宅扶助費はふたり以上の場合は、最大69,800円支給される(実費、管理費は生活扶助から自分が払う)。ちなみにひとりの場合は53,700円だ。

 一般の家庭で③の141.1万円/年の収入の家庭で、住んでいる賃貸を考えると、ぼくの街の貸家(2K)や都市機構の賃貸マンション(2DK)の家賃が約5万円程度だ。都営住宅(2~3万円)は入居が難しく、市営住宅は数がほとんどなく、ほぼ入居できない。一般の賃貸では2DKは7万円くらいするが、③の収入では高くて住めない。

 それらを検討した結果、今回は④家賃は5万円/月と設定した。

 したがって、生活保護の住宅扶助費は実費の5万円とする。

 この場合、生活保護費の生活扶助費と住宅扶助費の合計は、次のようになる。

 ④166,730円/月=116,730円+50,000円

 一方、③の月額の収入は、117,583円で、一般家庭で受けられる手当てを除くと、生活保護費の方が⑤49,147円多い。

 ・・・

 養育費に関して、一般家庭では国から⑤児童手当、都からひとり親に⑥児童育成手当てが出る。生活保護では児童手当の代わりに児童養育加算が出る。児童養育手当てに関しては、都から支給されるが、生活保護では収入認定しないので、生活保護費の上限を超えても減額されない。⑤⑥に関しては、一般の母子家庭と生活保護を受給している母子家庭とでは変わらない。

 ちなみに、児童手当は12才までの3才未満の子どもひとりにつき1万円、3才以上の子ども第1子、第2子に、ひとりにつき5千円、第3子からは、ひとりにつき1万円が支給される制度。

 児童育成手当ては、18才までの子どもを持つひとり親等の特殊な条件の場合に、ふたり以上の子どもがいる場合に、二人めの児童に5千円、三人めの児童一人につき3千円が支給される制度。子どもがひとりの場合には支給されない。

 ・・・

 保育料に関しては、住民税、所得税非課税の③の場合にも生活保護の場合にもかからない。

 幼稚園料の減免に関しては、各幼稚園が決めているそうだ。

 ・・・ 

 小学校、中学校の授業料、給食費は実費が支給されるのも同様だ。

 更に、定額の教育費、学習支援費がそれぞれ同額支給される。(生活保護では教育費の代わりに、教育費と学級費という名目で支給しているようだ。(内訳は省略、数千円程度)

 ・・・

 都立高校の授業料もそれぞれ免除になる。私立高校に通うと、東京都私学財団から、年額14.8万円の授業料免除を受けることができる。

 また片道210円(通常)までの定期代の実費も支給される。

 また、ぼくの街では、高校に入学すると6万円の羽村市奨学金が支給される。

 これらは、生保の母子家庭、と一般の母子家庭で差はない。

 ・・・

 麻生首相が指摘した生活保護の高校生を持つ母子家庭のための2万円の扶助だが、ぼくの街では教育費と学習支援費のことを指していると思われる。

 現在、教育費は7,080円/月、学習支援費は5,010円/月が支給されている。生活保護では、教育費を生業扶助として就学費と学級費に分けているが、金額は同じだ。

 つまり、麻生総理が発言した「しかし高校に行っておられる方とか、というのに関しましては2万円」というのは、ぼくの街では12,090円で、生活保護でなくても支給されているので完全な間違いだ。市役所の生活保護担当に確認したが、国会で発言されるような母子家庭のための高校生に対する2万円の扶助はないと言った。

 麻生総理が母子家庭に有利な援助を与えているかの発言は、生活保護制度全体に対して不利益をもたらす根拠のない虚偽の答弁であり、極めて悪質といえる。

 ・・・

 ここまでを振り返ると、生活保護費④と今回のケースの母子家庭③の差額⑤44,314円が実質の問題点になる。

 実は国は18才までの子どもを持つひとり親等の特殊な条件の場合に、児童扶養手当を設けている。これがなんと、満額の場合41,720円((控除後の)所得額57万円の場合)も出る。これだけの給付が受けられる母子家庭の収入は、例えば、収入が給与収入だけで、最低の控除額だけのケースの場合、122万円/年以下となる。

 ③のケースの場合、上記のように給与収入だけ、最低の控除額で計算すると、控除後の所得額76.1万円となり、児童扶養手当は38,190円が支給される。

 ・・・

 生活保護の母子家庭の場合、この児童扶養手当は収入認定になるので、既に、④166,730円/月の生活保護の扶助費にまるまる加算されてしまう児童扶養手当ては受けられない。

 その代わりに、生活保護の場合、ひとり親が就労している場合のみ、就学促進費が支給され、収入が3万円以上の場合に1万円、3万円未満の場合は5千円である。就労していないひとり親には1円も支給されない。

 そうすると、このケースの場合、⑥38,190円~28,190円の手当てが生活保護の母子家庭より一般の母子家庭に多く支給されることになる。

 結局、給与収入141.1万円/年の母子共に健康な母子家庭と生活保護の母子家庭とを比べた場合、
 ⑤-⑥=44,314円-(38,190円~28,190)=5,404円~15,404円/月
多く、生活保護世帯の母子家庭の収入が多いことになる。

 ・・・

 ただ、このケースでは、住民税、所得税非課税になるなかで最も高い所得の一般的な母子家庭のケースをとりあげて、生活保護世帯の母子家庭と比較していることに注意が必要だ。

このケースの場合(給与収入141.1万円/年、税控除は最小)、毎月ごとの現金の手当ては、以下のようになり、

児童手当  5000(3~12才まで)~10,000円(3才まで)
児童育成手当て 13,500円
児童扶養手当  38,190円
教育費       2,770~7,080円(小~高)
学習支援手当て  2,560~5,010円(小~高)
-----------------------------------
合計        62,020円/月(小)~63,780円/月(高)

で、804,240円/年(小)~765,360円/年(高)の支給を受けている。

 一方、生活保護の母子加算の復活が必要かどうかは、このケースの場合(子どもひとり、家賃5万円)の生活保護費 186,820円/月(小)~192,320円/月(高)が、母子家庭の生活にじゅうぶんであるかどうかを具体的に考えてみる必要がある。









テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

フォルテピアノ奏者「小倉貴久子」姫の「メンデルスゾーン生誕200年」記念コンサート(6/22)のチケットと関連CDを買った。楽しみ~♪

にひゃくさいきねん

 ぼくは、フォルテピアノ奏者「小倉貴久子」姫の公式HP「メヌエット・デア・フリューゲル」にメール登録しているが、今月の初めごろ、コンサートの案内のメールが届いた。
 
 NPOの「トリトン・アーツ・ネットワーク」が主催する〈TAN's Amici Concert〉の「音楽の玉手箱」シリーズの「Vol.6 メンデルスゾーン生誕200年」コンサートのお知らせだった。

 昨年の3月2日に、初めて同企画(前回は浜松文化芸術大学との共同企画3回めだった)の演奏会(東京の第一生命ホール)に行った。

 ・・・

 前回も姫のコンサートで、「シューマン夫妻の室内楽」と題されて、「クララ・シューマン」と「ロベルト・シューマン」の曲目が演奏された。

 ちなみに曲目は、「クララ・シューマン」の①「ピアノ協奏曲イ短調作品7:弦楽五重奏伴奏付き」と、②未完のピアノ協奏曲「協奏曲楽章ヘ短調:桐山建志によるピアノ六重奏編曲)、「ロベルト・シューマン」の③「謝肉祭・作品9」、④「ピアノ五重奏曲変ホ長調・作品44」だった。

 実はつい最近、①②④の収録されたCD(2008.10発売)を入手したばかりで、演奏会で聴いたより、より引き締まった細部のディテールが鮮明にになっている録音で、いささかびっくりしている。コジマ録音の録音スタッフ陣は音のマジシャンだ。

 ・・・

 前回の演奏会では、演奏中にうしろの座席の30代くらいの男に襲われて、すっかり演奏会に行くのがいやになってしまい、それ以来、演奏会に行ってなかった。

 しかし、最近遠くにあまり出かけない母に、晴海(はるみ)ののどかな景色と、フォルテピアノの音と名演奏を聴かせてみたいと思って、母を誘って行こうと思った。突然の申し出に、最初は断った母であったが、気が変わったらしく、数日後に行こうと言い出して、「メヌエット・デア・フリューゲル」にチケットを2枚頼んだ。最初に快諾してもらえれば、いい席がとれたと思うと、ちょっと悔しいが、そこそこいい席がとれたので、まあよしとしている。

 ちなみに「第一生命ホール」は座席数767席の中規模のホールだ。前回襲われた後、静岡文化芸術大学準教授である主催者に、水を飲むのを咎められ、一番後ろの席に移され、監視つきで後半のプログラムを聴くはめになったが、音は悪くなかった。後ろの席はガラガラだったので、ぎっしりつまった人を避け、のびのび演奏を聴くには最適だ。

 ・・・

 幸い、今回は、静岡文化芸術大学が関わっていないので、だいぶ気楽だ。ただ、プログラムの曲目は、静岡文化芸術大学と共に行ってきた3回の演奏会の曲目に比べると見劣りがする感はいなめない。

 ピアノ曲あり、歌曲あり、ピアノとヴァイオリン、チェロの二重奏、ピアノ三重奏曲・第一番と多岐に及んでおり、ガチッとしたプログラムを好む演奏会通には、ちょっと物足りない感じはする。

 しかし、メンデルスゾーンの曲とあまり馴染みのないクラシック初心者にとっては、メンデルスゾーンの世界をてっとり早く、しかも当時の楽器や演奏様式で聴けるのはとてもいい機会になると思う。初心者にとっては、最初の音楽との出会いが、その後の音楽体験に大きく影響するからだ。

 メンデルスゾーンの曲は、耳になじみやすいメロディーがふんだんにあるので、初心者向けともいえる。母を連れていこうと思ったのも、その理由が大きい。

 ・・・

 プログラムの中で特に注目したい曲は、⑤「ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品49」だ。この曲は意外なことに古楽器でのCDの録音がまだないので、貴重だ。そういう意味では、⑥「ピアノとチェロのための無言歌 ニ長調 作品109」、⑦「ヴァイオリンとピアノのための「シャコンヌ」 ニ短調
 (J.S.バッハ作曲パルティータ第2番「シャコンヌ」のメンデルスゾーンによるピアノ伴奏版)」も同様。

 ピアノ曲⑧「厳格なる変奏曲 ニ短調 作品54」、⑨「ピアノのための無言歌集より「春の歌」 イ長調 作品62-6」は既に古楽器による録音があるかもしれないが、姫のフォルテピアノの独奏が聴ける。

 「無言歌」集(全48曲)は、フォルテピアノによる録音がいまだにないので、ぜひ、姫に全曲録音をしてもらいたいものだ(できれば、1830年製プレイエルで)。

 ・・・

 テノールの「畑 儀文」さんの歌声はまだ聴いたことがないので未知数。シューベルトの歌曲のCDが出ているようだが、シューベルトとメンデルスゾーンでは歌の雰囲気が全然違うので、そのあたりに注目してみたい。

 今回のコンサート前には、メンデルスゾーンの研究家の「星野 宏美」さんのプレトークがあるとのこと。星野さんのことは存じ上げていないが、どんなはなしが聞けるのか楽しみだ。

 尚、このコンサートの曲目は先日CD化されたようだ。当日のプログラムに含まれている曲は以下のとおり。

⑤ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品49

⑧「厳格なる変奏曲 ニ短調 作品54」
⑨「ピアノのための無言歌集より「春の歌」 イ長調 作品62-6」

歌曲:〈歌の翼に〉作品34-2、〈ヴェネツィアのゴンドラの歌〉作品57-5、〈月〉作品86-5、〈新しい愛〉作品19-4、〈花束〉作品47-5

また、CDには以下の曲が収録されている。
・ピアノのための:〈ロンド・カプリッチオーソ〉作品14、
〈ヴェネツィアのゴンドラの歌〉作品30-6、
・歌曲:〈小姓の歌〉、

・・・

⑥「ピアノとチェロのための無言歌 ニ長調 作品109」、⑦「ヴァイオリンとピアノのための「シャコンヌ」 ニ短調(J.S.バッハ作曲パルティータ第2番「シャコンヌ」のメンデルスゾーンによるピアノ伴奏版)」は、CD化されないようだから、特に、しっかりと聴いておこうと思う。

 また、前回は、桐山建志氏(みやさま)による未完のピアノ協奏曲「協奏曲楽章ヘ短調:桐山建志によるピアノ六重奏編曲)というビッグなアンコールプレゼントがあったが、今回のアンコールはどうなるのか気になる。


 ・・・

現在、このCDは一般未発売のようだ。CDの購入は、
「メヌエット・デア・フリューゲル」のHP:
http://www.h2.dion.ne.jp/~kikukohp/
または「浜松市楽器博物館」のCDのご案内
http://www.gakkihaku.jp/new_cd/index.html
よりできる。(HPには載っていないが、発売中)
当然、当日の演奏会でも購入できると思う!?

 ぼくは、「浜松市楽器博物館」のCDショップ・アンダンテから無理を言ってメール便(+160円)で送ってもらうことにした(配送中の保障なし)。
 アンダンテから買うと安い(2,200円が、CDの帯がない。「メヌエット・デア・フリューゲル」から買うと、帯付き、サイン入りで送料、振込み手数料不要なので、迷うところだ。

 でも結局のところ、演奏を聴いた後、CDを買ってサイン会の列に並んで、姫とひとこと、ふたことお話をする瞬間が至極の幸せだと思う。 
 

※ この演奏会、チケット購入に関しては、 
「メヌエット・デア・フリューゲル」のHP:
http://www.h2.dion.ne.jp/~kikukohp/
または、トリトン・アーツ・ネットワーク
http://www.triton-arts.net/

ぴあでも買えます。
【音楽の玉手箱Vol.6】 メンデルスゾーン生誕200年~音楽の翼をもった妖精~

-------------------------
追記:6/22

 チケットを申し込んだ後で、演奏会が夜であったことがわかり、母がはなしが違うと言って行かなくなった。ぼくはひとりで行くことになったが、ただでさえこのごろ調子が悪いのに、昨日とおととい、新聞の販売店の店員ともめてグッタリしてしまい、演奏会に行くのは中止することにした。悲し...









テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

中川昭一財務・金融大臣に続いて、鳩山邦夫総務大臣の辞任! 何者かが裏で強力な糸を引いて、西川郵政民営化路線を推し進めているとしか思えない

 鳩山邦夫総務大臣の辞任によって日本郵政の西川社長の解雇が回避された。
 これに関連して、ぼくは以前、鳩山大臣が非難した「かんぽの宿譲渡問題」に関して、記事http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/blog-entry-96.htmlを書いて、鳩山大臣のやり方に反発した。

 しかし、その後、中川昭一財務・金融大臣(当時)が、「2月14日のイタリアのローマで開催されたG7の財務大臣・中央銀行総裁会議の会議終了後の内外記者を集めた日本銀行総裁の白川方明と財務官の篠原尚之との共同記者会見の場にて」(ウイキペディアより引用)、ろれつがまわらない発言等をして、世界のテレビ、新聞がこぞってとりあげ、結果的に辞任を強いられた。
 そして、与謝野経済財政大臣が中川氏の財務・金融大臣ポストを兼務した。

 その前々日の2月12日には、郵政民営化を断行した小泉元首相が『「わたしは最近の麻生太郎首相の発言(ウツ注:「わたしは官房長官時代に郵政民営化に賛成したとは言っていませんよ」?)について、怒るというよりも笑っちゃうくらい、ただただあきれているところだ」「わたしについても、(首相が)常識の通じない男だとかね、奇人変人とか言っているようだが、わたしは自分では常識をわきまえている普通の人だと思っている」』、と発言し、その後、2008年度補正予算案?の衆院3分の2再可決に有志議員を連れて造反の動きを示し、麻生政権を揺さぶった。

 この造反では小泉元首相に賛同する議員が現われず、麻生総理は危機をしのいだが、その後は与謝野財務・金融・経済財政大臣が、政策の中枢をになうと、麻生総理の発言力が低下したかにみえる。

 中川秀直らを筆頭とする郵政民営化推進派は、麻生総理の会派である太郎会の会長も務める鳩山邦夫総務相と、日本郵政の西川社長の進退について真っ向から衝突、結果、郵政民営化推進派(小泉&小泉チルドレン)が勝利を収めた。

 ・・・

 これらを合わせて考えると、麻生総理が郵政民営化見直しを述べた、2月中旬以降、国外で中川降ろし、国内で麻生降ろし、経団連と繋がりの深い与謝野が財務・金融・経済財政の3つの重要なポストを得るという不可解というより確信犯的なある種の政治クーデターが行われたようにみえる。

 そして、既定の郵政民営化路線に異議を唱えた鳩山降ろしまで起きた。

 これは、何者かが、裏で強力な糸を引いて、西川郵政民営化路線を推し進めているとしか思えないのである。

 2010年には約2百兆円の国民の貯金を預かる「ゆうちょ銀行」と数十兆円の現金を持つという「かんぽ生命」が株式上場を予定している。

 この「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」は、「チーム西川」と呼ばれる三井住友銀行以来、西川善文氏の息のかかった人間が経営に大きく影響しているらしい。

 もし裏で糸を引いているものが、西川社長の糸を引けたとしたら、2百数十兆円の国民の財産が危険にさらされるのではないか、日本国債の最大の買い手がなくなってしまうのではないか、と不安になるのだ。









テーマ:郵政民営化 - ジャンル:政治・経済

太陽光パネル設置・行政補助は金持ち優遇政策、低所得者はエコ増税、エコ電気料金負担増に我慢できるか...

 昨日、いつものようにテレビのニュースバラエティを観ていたら、新たに自宅の屋根に太陽光パネルを設置した女性の例を紹介していた。

 ペットを預かる仕事をしているために昼間もクーラーを使わなければならず、毎月かかる電気料が約2万2千円。国(今年1月から)と都と自治体の補助金が出ることをきっかけにして、標準的な2kWhの太陽光パネルを設置した。

 約140万円の設置費用のうち、国から14万円、東京都から20万円、練馬区から8万円の計42万円は補助金でまかなわれ、自己負担は100万円を切る。およそ3分の1の負担を軽くできる。

 太陽光パネルが発電する電力によって、自宅で使用する電力の一部が賄(まかな)える。また、余った電力は1kWhあたり48円で電力会社が買ってくれる。これは今までの24円/kWhの2倍の値段だ。

 一ヶ月経ち、電気料金の請求書を見たところ、約1万2千円。設置する前に比べて約1万円の節約ができて大喜び。さらに、電力会社に28kWh、約785円分の電力を売電(売る)ことができた。

 番組の図表によると、経済産業省の試算では、3.5kWhの太陽光パネルの設置をすれば、最長15年で設備費が回収できるという。

 ・・・

 しかし、この恩恵を受けられるのは、持ち家、持ちビルがあり、投資余力があるか、資金を借りられるひとだけだ。貸家、賃貸住まいのひとや、低所得で投資余力がなく資金が借りられないひとは恩恵を受けられない。

 つまり、エコを名目にした金持ち優遇政策だ。

 しかも、国や都道府県、市区町村から出る補助金は、税金から出される。

 つまり、金持ちのために、より貧しいひとたちの税金が使われるという、とんでもないしくみなのだ。

 更に、電力会社が買い取る24円/kWhの電気料金は、より貧しい家庭の電気料金に上乗せになる。

 つまり、金持ちのために、税金と電気料金のダブルの負担がより貧しいひとにのしかかるという、まったくやりきれないしくみなのだ。

 ・・・

 以前の記事 http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/blog-entry-134.html で触れたように、太陽光パネルを自力で設置できないひとのためにも、恩恵を受けられるように政府や自治体は政策を打つべきだ。

 具体的には、
① 家やビルを持つひとに太陽光パネルの設置を条件に無利息での融資をする。
② 賃貸物件に住む家庭に対しては、電気料金の負担増にならないようにする。
③ 賃貸をする大家には、借主に無償で提供する太陽光パネルの発電量に応じて税制上の優遇措置をする。

 エコの名を借りた金持ち優遇で終わらないためにも、低所得者に対しても恩恵を受けられるよう期待したい。








テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

古い新聞を片付けているときに気付いたこと・・・新聞が薄くなてることや、古い新聞の捨てる時期やら

 今日は朝刊をななめ読みした後、記事を書こうとしたのだが、どうも頭が働かない。インスタントコーヒーを飲むために、お湯をわかしている最中、台所の脇にずっと積んである牛乳パックをいくつか平らに開いているうちに、ゴミの仕分けやら、過去の新聞の整理やらをした。

 片付けはほとんど考える必要がないので気楽だ。それに、やればやるほど部屋がさっぱりする。気楽で住みやすくなるから、簡単に達成感が味わえる。ただ、日ごろ片づけをしていないせいか、あまりにも片付ける量が多いので、なかなか終わらない。だから一気に全部やろうとせず、ちょっと疲れたあたりで片づけをやめることにしている。

 ・・・

 古い新聞を片付けているときに気付いた。

 日経新聞はちらしや広告を入れないで厚紙の日経の新聞袋に入れている。いつもはひと月分入れると、ちょうど袋いっぱいになるのだが、今年の2月分くらいから、5cm分くらい余裕がある。昔の新聞を観てみたら40面あったのが36面になってた。一枚紙を減らしている。

 しんぶん赤旗もこの日経の袋に入れているのだが、こちらは日曜版も含めて三ヶ月分入る。しんぶん赤旗は広告がほとんどないとはいえ、4枚、16面しかない。ストックしておく段になると、こちらの方が省スペースで、探すときも楽だ。2008年からの2年分、まだ捨てていないが、紙袋で8袋分だからかさばらない。

 広告やちらしはできるだけ母に渡しているので、渡し忘れたものを薄い毎日の紙袋に入れて、まとまると指定日の前日に収集場所に出している。

 ・・・

 古い新聞のストックは2005年にさかのぼる。あのころは一年経ったら捨てようと考えていたが、ブログで記事を書きながら、ときどき古い新聞を探しているうちに、もっと古い新聞も残しておいたほうがいいと考えるようになった。

 あのころは朝日新聞を読んだり、毎日新聞を読んだり、日経MJを少し読んだりして試行錯誤していた。現在読んでいる新聞に収まったのは2007年ごろだと思う。

 ただ、日経は社会面の情報が少ないので、朝日か毎日か東京新聞を読んで補強したいのが正直なところ。読売と産経は日経と同じ与党系の新聞なので、今のところ必要はないかと思っている。

 が、読売は地域欄が朝日の2倍の4面あるので捨てがたい面もある。 ぼくの住んでいる街の市長選に記事を割いた順番からいえば、①読売②朝日③東京④しんぶん赤旗での順で、日経や毎日には市長選の当選結果の数行の記事しかなかった。産経はぼくの街の市長選には関心がなかった。

 ・・・
 
 しかし、一日に3つも新聞を読むのはとてもたいへんなので、2紙を読むのが適当かなとも思う。実際、ニューズウイーク日本版を読み始めて約一ヶ月になるが、十分に読めていないし...

 そんなんで、新聞をできるだけとっておいたのだが、そろそろ置き場所がなくなってきた。それで、古い新聞から捨てようと思っている。とりあえず、今月中に任期満了の衆議院選挙がある前月の2005年7月以前の新聞を捨てるつもり。

 新聞の必要度を考慮におきつつ、置き場所が足りなくならないように配慮する。そのさじ加減がわかるのは、もう少し先になるかなぁ...










テーマ:日記 - ジャンル:日記

叙情的な一面も見せながら、曲全体の構成も頭に入れつつ、冷静に計算しながら演奏に徹しているのを聴いて、ただならぬものを感じた「第13回クライバーン・ピアノ・コンクール決勝」「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲・第2番ト短調作品16/ツァン・ハオチェン」

 迷いながらも日々を従順に過ごす若く美しき女性、その目の前に現われる破天荒でひとをあざ笑うかのような若い男。

 礼儀正しく従順な女性は、その無礼な男が声を掛けきても、礼儀正しく断るが、男は女性の行く先々で、女性にしつこく執拗に迫る。

 その執拗なまでの繰り返しで、やがて女性は、男によってその従順さを乱され、やがて期せずして、男がふるまっていた無礼なふるまいを自分がやってしまっていることに気付く。

 男の執拗さはやまず、いつしか女性は礼儀正しく従順なふるまいができなくなり、男のような破天荒で無礼なふるまいを、男とともにするようになってしまった...

 ・・・

 若干、19才の男性ピアニスト「ツァン・ハオチェン」(Zhang, Haochen)が、「第13回クライバーン・ピアノ・コンクール」の決勝で演奏した「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲・第2番ト短調作品16」の第1楽章「アンダンティーノ」のインターネットで配信されているビデオを観ながら、そんなことを考えた。

 「タ・タ・タ・タン タ・タ・タ・タン タ・タ・タ・タン♪」という穏かでまばゆい序奏で始まる第一主題が、「タン・タッ・タン タン・タッ・タン タン・タッ・タン♪」というちょっとびっくりしたような第二主題に、初めはわずかに、次第に頻繁にさえぎられるように曲は進行する。

 続いて、第二主題のリズムは複雑に変形し、第一主題を押しのけて、すっかり曲をおおってしまう。

 第二主題が思う存分に存在感を披露した後、第一主題が登場するが、それを待ってたとばかりに現われる第二主題によって、次第に狂わされていく。

 狂わされまいとふんばる第一主題に、くっついて離れない第二主題との葛藤というか闘いが激しく続く。それは、ピアノソロの後の劇的な「ブァー」という管楽器の演奏で最高に高められる。

 その後、このふたつの主題は静かに短く演奏されて終わる。

 ・・・

 「クライバーン・ピアノ・コンクール」のビデオ映像は鍵盤を演奏する両手の動きがよく観えるように工夫されているおかげで、これが面白く映像化されている。

 「ツァン・ハオチェン」がこの第二主題を弾くとき、「ピョン」、と音とうまく呼応するかのように手が跳ね上がり、観ていると、この滑稽な主題がまるで存在している人間であるかのように思えてくる。

 「プロコフェフ」のピアノ曲は、美しいがどこか風変わりな旋律に、独特なリズム感を重ね合わせているのが特徴だ。それゆえ、ショパンやラフマニノフと違い一般の聴衆にはそんなに耳あたりがいいとはいえない。

 しかし、「ツァン」は、この曲の第一主題と第二主題の性格をわかりやすくイメージしながら、曲の展開に合わせて適切に提示することによって、この曲がわけのわからない速弾きの曲になるのをうまく回避できている。

 叙情的な一面も見せながら、曲全体の構成も頭に入れつつ、冷静に計算しながら演奏に徹しているのを聴いているうちに、ただならぬものを感じた。

 ・・・

 プロコフィエフ弾きといえば、「ハルモニア・ムンディ・USA」レーベルに「プロコフィエフ」の「1台のピアノ作品全集」を録音していた中国の先輩「フレデリック・チュウ」を想い起こす。

 同レーベルにはまだ「プロコフィエフ」の「ピアノ協奏曲」の録音はない。「ツァン・ハオチェン」という若き才能に、じっくりとCD録音の機会が与えられれば、楽しみがひとつ増えるというものだ。

決勝のビデオ映像:http://www.cliburn.tv/client.aspx









テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

ゆううつで無気力な感じを少し楽にしてくれる、タンゴとワルツと暗い音楽の絶妙なブレンド「ヒトラーの贋札」サントラ

 五月ごろから、ゆううつで無気力な感じがする日が多くなった。朝方から、モーツァルトのような快活な音楽を聴いて過ごしていたのだが、午後2時ごろを過ぎると、毎度のごとく、聴きたいCD探しに困る。そんなとき、よく取り出して聴くのが、「ヒトラーの贋札(にせさつ)」サントラだ。

 「プップワァ~♪」と鳴る切ないハーモニカの出だしと、「ポロロン♪」と地味に伴奏するギターで始まるタンゴの演奏が、ちょっと行き詰まりかけた不安な心をくすぐる。「ダッダッダッダッ♪」とテンポよく掻き鳴らすギターのリズムに乗って、自由奔放に思いのたけをぶちまけるようにハーモニカが歌いまくる。そのなんとも快活なようでいて切なく奔放な調べを聴くと、行き詰まり止っていた気分の自縛が解けて、解放された気分になる。

 「ステファン・ルツォヴィツキー」(Stefan Ruzowitzky)監督は、『「ヒューゴ・ディエズ」(Hugo Diaz)のタンゴは、エモーショナリーにストーリーと主人公にすばらしくマッチした。主人公は悲しく、パッションやプライド、エネルギーに満ち、非常な愛と苦悩、非常な欲望があり、とてもエモーショナルだが、感傷的ではなかった。』と、ライナーノーツに書いている。タンゴはそういう感情や感覚をイメージさせたり、思い起こさせるのかもしれない。

 ・・・

 「ヒューゴ・ディエズ」のタンゴとともに、気分を明るくさせてくれるのが、3曲の「ヨハン・シュトラウス」や1曲の「ツェーラー」(Carl Zeller)のオペレッタのワルツの曲にのせて歌われる陽気な歌曲の数々。戦争中のラジオ音源からとったような音の悪さが、逆に懐かしさや暖かみを感じさせる。

 『第二次世界大戦の終わりの時期に、オペレッタはドイツ帝国のサウンドトラックだった。甘いヴァオイリンの音色、歌うようなメロディ、愛やロマンスについての微笑ましい歌詞は国民から戦争の辛さを忘れさせる音楽的逃避だった』(ステファン・ルツォヴィツキー-ライナーノーツより)。

 ・・・

 このサントラが、独特に思えるのは、情熱的なタンゴと暖かみのあるオペレッタの曲の間に、暗い曲や、ゆがんだような曲や、無機的な効果音が挟まれるところだ。

 これらのスコアを作曲したのは「マリウス・ルーラント」。これらのスコアは行き詰まったときの気分をうまく音にしたように感じられる。これらの曲が終わった後で、華やかにタンゴやワルツやが始まるときに感じられる高揚感が、それまで重かった気分をふわっと軽くしてくれる。この陰と陽のコントラストが繰り返すことで、独特の不安定さと情緒が表現される。これが聴きこむにつれて病みつきになる要因ではないかと感じている。

 もっとも、「マリウス・ルーラント」がこれらのスコアを作曲した意図は違うようだ。

 『観客に(音楽を)感じさせず、常にストーリーに仕える。・・・彼のサウンドデザインは、しばしば、観客が"それがそれである"と、告げることができないようにうまくブレンドされている。』(ステファン・ルツォヴィツキー-ライナーノーツより)。

 「ルーラント」は、いわゆる、アンダースコアを描いて劇伴に徹したということだろう。「ルツォヴィツキー」監督はライナーノーツの最後に、そんな「ルーラント」にこう賛辞を送っている。

 『このCDが、最後に、彼の芸術に集中するチャンスをぼくらに与えてくれてとてもハッピーだ。』

The Counterfeiters [Music from the Motion Picture]The Counterfeiters [Music from the Motion Picture]
(2008/03/04)
Celedonio Flores、

商品詳細を見る

    Marius Ruhland - The Counterfeiters (Music from the Motion Picture)









テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

前3作と異なり全体的なまとまりがある。激しい曲もあるがどことなく寂しく感じる「ターミネーター4」サントラ

 前回の「ターミネーター3」から約6年ぶりになる今回の続編「ターミネーター4」[原題 ターミネーター救済(Terminator Salvation)]は、前3作と異なり、米軍の機械化された軍事防衛システム『スカイネット』が核攻撃をする『審判の日』以後に、スカイネットが送り込むロボット「ターミネーター」に対する人類の戦いを描く作品だ。

 前3作は人間の世界にロボットが来て戦うストーリであったが、今作では、ロボットが支配する世界で人間が戦う。

 ・・・

 今回のスコアに関して、このサントラのライナーノーツで監督「マックG」は書いている。

 『ぼくたちが「ブラッド・フィールド」(「ターミネーター」の作曲家)の特徴的(iconic)な音楽を想い出すことができ、それを想起できる音楽でであれば問題ない。そして、彼のアイディアを完全に忘れたくないが、ぼくらのアイディアを新たに始めて特権(franchise)を造りだすことにした』

 確かに今回、コンポーザーに起用された「ダニー・エルフマン」が書いたメインテーマの動機は、初代の動機「ファ・ファ・ファー ファー・ファー・ファー」のフレーズの最初の3音を同じにして、続く3音を短くし、「ファ・ファ・ファー ファ・ファ・ファー」と、初代に比べ軽快に聴かせる。

 鉄工場で響いているような「ダダダ・ダン・ダ・ダンッ」とゆう金属音は、エルフマンのスコアには登場しないし、こうゆう金属音は、音の質感は軽くなり、リズムだけスコアに採用されている場合もあるし、全く金属音を感じさせない曲もある。ターミネーターのもつ金属的なイメージは、音楽の中ではかなり弱められている。

 ・・・

 今回のスコアに最も特徴的なのは、「ブラッド・フィールド」(ターミネータ1、2)が好んで用いてきたシンセサイザー中心の音作りから一転して、フル・オーケストラで録音しているところだ。

 「ミッション・インポッシブル」、「スパイダーマン1、2」では、シンセサイザーを多用してきたエルフマンだが、もともとシンセサイザーを多用してきた「ターミネーター」をフルオケにしたのは少々驚いた。

 また、前作の「ターミネーター3」の作曲を担当した「マルコ・ベルトラミ」が、「ブラッド・フィールド」を踏襲して、比較的短めな効果音のような楽曲を集めて曲作りをしていたのに対し、エルフマンは、スコアを大きく2つ(前半8曲、後半6曲)に分けて、それぞれがひとつの管弦楽曲の組曲となるようにスコアを書いている。もっとも、これは今どきのスコアではあるが...
 
 ・・・

 このサントラの音楽は、先述した「ファ・ファ・ファー ファ・ファ・ファー」という動機を繰り返し、いろいろなかたちで変奏しながら、ときおり、アクションシーンに対応した激しい吹奏楽の音楽を交えてできあがっている。

 テーマの動機は、ホルンなどの管楽器群で勇壮に称えられたりするが、次の曲でギターで寂しく奏されたりする。このせいで、サントラ全体を聞き終えた後、寂しい印象を残し、泣けるスコアになっている。

 ・・・

 まず、全曲のなかで繰り返し、先述の「ファ・ファ・ファー ファ・ファ・ファー」の旋律と、「ブゥゥゥ~ン」という効果音、「ダ・ダ・ダ・ダッ・チャーン」という鉄工場で鳴っているような金属音といった懐かしい音楽が登場し、「ターミネーター」シリーズの新作品であることが強く印象づけられる。

 しかし、各曲が組曲で構成されていることにより、それぞれの曲は、いくつかの強い性格をもたされている。

 「1.オープニング」や「2.オール・イズ・ロスト」、「4.ザ・ハーヴェスター・リターンズ」、「8.ハイドロボット・アタック 」、「13.ファイナル・コンフロンテイション」では、金属音を伴った旋律が使われて、マシンの脅威を感じさせる激しいアクション音楽となっている。

 また、「7.リヴィール/ジ・エスケイプ」や「10.マーカス・エンターンズ・スカイネット」では、金属的な質感を用いず(10.ではわずかにあるが)、「アラン・シルベストリ」や「ジェリー・ゴールドスミス」のような従来型の管弦楽のスタイルにして人間味を表現している。とりわけ、ワーグナーの楽曲に用いられる弦楽器の循環旋法で緊張感を高め、ホルンが朗々と動機を歌い上げる部分にマシンとの違いを感じさせる。

 ・・・

 ただ、このスコアは始終、燃え上がるアクションスコアではない。
燃える音楽の合い間に、ギターでゆったりとした「ファ・ファ・ファー ファ・ファ・ファー」の旋律を奏でた曲「3.ブロードキャスト 」、「5.ファイアーサイド」、「9.フェアウェル」をはさみ寂しい感じを出しながら、クーリングを計っている。

 また、「3.ブロードキャスト 」の後半や「6.ノー・プラン」、「11.ア・ソリューション」、「12.セレナ」も金属音を用いず、比較的落ち着いた管弦楽の演奏でクーリングを計っている。

 スコア最後の曲「14.サルヴェイション 」は「ファ・ファ・ファー ファ・ファ・ファー」の動機をピアノ、ハープ、管弦楽で穏かに奏で戦いが終わった後の落ち着きを感じさせる。

 最後に収録されたロック「ルースター」の「アリス・イン・チェインズ」を選んだ理由について「マックG」は「まだ私を殺す方法はわかっていない」(Ain't found a way to kill me yet)という詩が曲の存在感とともに気に入ったからだ、とライナーノーツに記している。

 ・・・

 かなり激しい曲も入っているサントラだが、比較的、落ち着いた曲が多いため、不完全燃焼の感は残る。かえって動機を寂しくギターが奏でるところが印象的に耳に残り、聞いた後、どことなく寂しく感じるサントラだ。

ターミネーター4ターミネーター4
(2009/06/17)
サントラアリス・イン・チェインズ

商品詳細を見る

Terminator: Salvation [Original Soundtrack]Terminator: Salvation [Original Soundtrack]
(2009/05/29)
Danny Elfman

商品詳細を見る


Danny Elfman - Terminator Salvation (Original Soundtrack)










安心社会実現会議が目指す「安心社会」とは・・・『働くことが報われる社会であって、働けない(働かない)ひとは報われない社会』

 突如、麻生総理が与謝野大臣に命じて有識者?集めて4月13日より開催されている「安心社会実現会議」(HP: http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ansin_jitugen/index.html )
の第4回会合(5月28日)で、意見集約(素案)(HP:http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ansin_jitugen/kaisai/dai04/04siryou3.pdf )が提出されたので読んでみた。

 日本経済新聞を読むと、「給付付き税額控除」(税を払っていない低所得者に現金が給付されるしくみ)も審議されているというので期待していたが、内閣府に問い合わせてたりしてわかったのは、給付は職業訓練を受ける条件つきで、障害者や年金生活で働けない高齢者にはなかった。

 なにより驚いたのは、意見集約(素案)には障害者の「障害」の文字すら入っていなかったことだ。「障害者」の安心にはふれず、高齢者を介護施設から自宅介護に移すことが「安心」という、「安心社会実現会議」が目指す「安心社会」とは何か...

 ・・・

 資料3の意見集約(素案)の前文「目指すべき国家像・社会の姿」(1ページ)を読むと、

①「安心社会」のビジョンは、社会が活力を蘇らせるための必須の条件として、「国民が安心して働き能力を発揮できる社会を構築すること」とある。

 要するに、「安心社会」の実現のために
『すべての国民が働かなければならない』ということになる。

そのために、「年齢性別を問わず社会に参加し、挑戦できる社会をつくりださなければならない」としている。この場合、社会に参加するというのは、①より「国民が安心して働き能力を発揮できる社会を構築すること」だから、
『年齢性別を問わず働き、能力を発揮しろ』ということになる。

 ・・・

また、「1.日本型の安心社会と自由主義経済」のなかの「日本型「安心社会」とは何か」(2ページ)のなかで、

「私たちが目指す安心社会は、まず、「働くことが報われる公正で活力ある社会」である。」とあり、安心社会とは、働くことが報われる社会と前文の内容を繰り返し書き、

「国民が活き活きと働く機会が保障されることが、社会の活力の根本であり、活力のない社会からは安心は生まれない。」と、社会の活力の根本はいきいきと働く機会が保障されることであり、そうゆう機会がない社会では安心が生まれない、という。

 そして、「安心社会は、決して「いたれり、つくせり」で受け身の安心を誘う社会ではない」と、働かないひと(または、働けないひと)に対して援助することについては、「いたれり、つくせり」という表現を用い、「受け身の安心を誘う社会」として批判し、強く否定している。

 つまり、『「安心社会」とは、働くことが報われる社会であって、働けない(働かない)ひとは報われない社会』ということになる。

 この安心社会実現会議の報告書の内容は、政府が今年作成する「骨太の方針2009」に盛り込まれる予定だ。

 「きみは生き残ることができるか?」

------------------------
 安心社会実現会議 名簿

○増田 寛也 野村総合研究所顧問(前総務大臣)
○成田  豊 電通最高顧問(座長)
○張 富士夫 トヨタ自動車代表取締役会長
○小島 順彦 三菱商事代表取締役社長
○武藤 敏郎 大和総研理事長
○渡辺 恒雄 読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆
○日枝  久 フジテレビジョン代表取締役会長

○矢崎 義雄 独立行政法人国立病院機構理事長

○高木  剛 日本労働組合総連合会会長

○吉川  洋 東京大学大学院経済学研究科教授(座長代理)
○伊藤 元重 東京大学大学院経済学研究科教授
○宮本 太郎 北海道大学大学院法学研究科教授
○山内 昌之 東京大学大学院総合文化研究科教授

○但木 敬一 弁護士

○山口美智子 薬害肝炎全国原告団代表

注) (15人中7人が経団連会員で、うち2名は自民党よりの新聞・テレビ会社会長)

 三井住友銀行と大和証券は業務提携関係にあるので、三井、三菱、野村の三大金融閥が有識者にそろいぶみだ。










テーマ:経団連主導の安心社会実現会議が働けない障害者・高齢者を脅かす - ジャンル:政治・経済

「そんとき、わたし...あー、わたしー、しあわせになれんのかもしれね......」「映画 学校 山田洋次」下

 なんらかの理由で中学に通えなかったさまざまなひとが通う、夜間中学校。そのあるクラスでは、急遽、ホームルームの授業を開いて、亡くなったクラスメートのイノさんを偲(しの)びあっていた。

 イノさんが不幸だったか幸福だったかで、ふたりの生徒が対立すると、「幸福とはどういうことか」をクラスで話し合うことになった。

 「幸せだと思い込んだ人が幸せ」、「幸福はカネ」と次々と意見が出るなか、生徒のミドリが自分の考えを語り始めようとしていた。




ええとさ

ミドリ 「つまりさー、こういうことよ」

観念してミドリがしゃべり始めた。

 「あたし、鑑別所出たときね、」

 「ちょっぴり反省して更正しようと思ったんだ。」


 「それで中学行ったんだ、」

 「それまで通ってた昼間の...」

 「そしたらさー、なんと、センコーたちが、ワッと出てきてさー、」

 「私のこと、校長室に連れ込んでさー、」

 


そんでもって

おまえ卒業したかったら、少年院出て来い

 「こう言うのよ。」

 「あったま、きてさー」

 「あたし、灰皿ぶんなげて、ガラス、バーンと割って、」

 「出てきちゃったんだよ」





てれるな

チャン「すごい」

クロ 「はっはっはっはっ」
 クラスのみんながあっけにとられて笑った。

クロ 「やるだろうなー、おまえだったらー」

 照れくさくて頭を掻(か)くミドリ

ミドリは椅子から立ち上がると続けた。





てれるてれる


 「それから、ひどかったよ」

 「シンナー中毒になっちゃって」

 「歯なんかボロボロになっちゃって」





いいずらいけど

 「そんなときにさっ」

 「友達んちで雑誌読んでたらさっ」

 「書いてあんじゃん、この学校のことが」

 「あたしなんかでも、入れてくれんのかよーって思ってさー」

 「来てみたんだよ、ある日の夕方」





いっちゃうと

 「でもさー、はいっちくいんじゃん、学校の門なんかさー」

 「どうせ、センコーが出てきてさー」

 「マッポみたいにいろいろ尋問するんだと思ってたしさー」

 (警察)

 



やぱいえない

 ミドリは言いにくそうに壁にくっついてしゃがみこんだ。





でもいうか

 「郵便ポストの...」

 「横っちょに」

 「うんちんぐスタイルですわりこんで」

 「ポワーッとしてたら...」

 「なんかどうでもよくなってきちゃって」






なんとなく

 「カツアゲしたって、売春したって」

 「食ってはいけるんだもん」





んん~

 「いいよ学校なんて」

 小さな声になるミドリ

 「そう思ったときが...」

 「へんなおじさんが、そばに来て...」

 「たばこ臭い息はきながら...」






いっちゃえ

 「『どうしたのー』」

 「『あー、この学校、はいりたいのー』」




もういっちょ

 「って言ったの」
 なみだ声になるミドリ




いっちゃう

 「それがこのクロちゃんなんですけど、エヘヘー」
 クロの方を指さしながら、照れ笑いを浮かべるミドリ




こいつ

 なんともいえない顔をするクロ



あれ、いえない

 「ふんっ・ふんっ...そんとき、わたし...」
 泣きじゃくりながら、なかなかことばが出ないミドリ





どうしよ

 おもむろに立ち上がると言った。





いえない

 「そんとき、わたし...」

 



まだいえない

 「あー、わたしー」
 胸に手をあてて

 「あーっ、あーっ」





やっといえた

 「しあわせになれんのかもしれね......」






けどつかれた


...

 そう言い終わると、泣きながら再び机に突っ伏してしまう
 ミドリだった。





・・・

 クラスは静まりかえっていた。

 
 はたして、クラスのみんなが考えた幸せの答えのゆくえは...

 続きはDVDで


インターネットでレンタル

学校


学校 [DVD]学校 [DVD]
(2009/01/28)
西田敏行竹下景子

商品詳細を見る









テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

「カネが欲しいなんてのは、あたり前のことだろ」「じゃ、なんだ、カネじゃない幸福ってのは?」「映画 学校 山田洋次」中

 なんらかの理由で中学に通えなかったさまざまなひとが通う、夜間中学校。そのあるクラスでは、急遽、ホームルームの授業を開いて、亡くなったクラスメートのイノさんを偲(しの)びあっていた。

 生まれてから死ぬまで不幸の連続であったにもかかわらず、「夜間中学に入れて俺は幸せだ」と、言い残したイノさんのことばをオモニが言うと、カズオは、夜間学校で読み書き程度を覚えただけで、ひとりで寂しく死んでいったイノさんは幸せではない、と反発した。

 クラスにきまずい雰囲気が漂ったとき、エリコが、担任の黒井(クロちゃん)に「先生、幸福ってどうゆうことなんだろ」と、尋ねた。


クロ:「ん?」

 「ん~」

 「そんな、難しいこと、俺にはわかんないな~」

 「ちょっと、みんなで考えてみようよ、ねぇ~」






きれいなじ

クロは椅子から立ち上がり黒板のところに向かうと、黒板に「幸福」と大きく書いた。




どうよ

クロ 「カズ~、カズ、おまえどう思うんだよ?」

カズオ「そんなこと知るかっ」
 小さな声で答えた。

クロ 「あきらめんなよ~」

 「ちゃんと、考えてみようよ」

 「きっと、なんかわかるこったよ」






どうね

クロ 「オモニ~、オモニはどう思う?」
 クロは反対側の席に座っているオモニに聞いた。

オモニ「わたし?」

クロ 「ん~」

オモニ「私は幸せだって思ってるよ」

クロ 「ほぅ~」





ほんと?

エリコ 「ほんとに?」
 エリ子が口をはさんだ。

エリコ 「ほんとに、おばさん幸せなの?」

オモニ「そう思わなきゃ人間生きていけないだろ」

エリコ「じゃぁ、幸せだと思い込んだ人が幸せなの?」

 「たとえそれが錯覚(さっかく)でも?」  
 エリコは更に問い詰めた。

オモニ「そうだよ、人間、誰だって不幸に決まってるんだから」

 「あんたのようなお嬢さんにわからない、そのことは」
 オモニは姿勢を正すと、エリコにはわからないと切り捨てた。

 ・・・

クロ 「いや、オモニ、それは...」
 オモニのかたくなな態度をクロが制止しようとすると、





ちょっといいですか

チャン 「キムさん、それは違うよ」

オモニ「何が?」

チャン 「錯覚するはよくないでしょ」

 「人間は賢くなること、とても大切だよ」




あたしゃきかないよ

オモニ「じゃぁ、あんたは」

 「賢くなって、」

 「自分の不幸に気がついて、」

 「首でもくくって死ねって言うの?」

 更にかたくなになるオモニ。





なんかへんなの

チャン 「それは違うよ~○△X□(中国語)」

クロ 「んん~っ」
 
 立ったまま腕組みをしながらクロは言った。





どうしようかな

クロ 「さあ~て、なんだか面倒なことになってきたな~」

 「オサム~」

 「オサムはさっきから、ずうっと一生懸命考えているなぁ~」

 「いったいなんだ、幸福っての~」






じしんないけど

オサム 「あ、あの~」

 「お金かなぁ~」






あいつやった

 オサムの答えがまぬけに思えたのか、クラス一同がクスクス笑った。

クロ 「なんで~、おかしくないよ、ちっともおかしくないよ~」

 「いい答えだよ」




わらちゃだめよ

 「オサムは自分の思ってること正直に答えたんだから」
 
 クロは笑われるオサムをかばって言った。

 「そうだよ、幸福はカネだよ」

 「誰だってカネ欲しいもん。俺だって欲しいよ」

 「みんなだって、そうだろ」




どうしたのよ

 「オモニだって、いっつも言ってるじゃないか」


 「『カネさえあれば、こんな苦労しなくて済むんだよ~』って」

 「なあ、オモニ」

 静かになるみんなに更にクロは言った。





あれれ~

 「どうしたの」

 「なに黙ってんの?」

 「なに考えてんの?」


 机に頭をつっぷしていたカズオが頭を上げて言った。




わかってないな

カズオ「クロちゃん」

 「なんか、勘違いしてんじゃないか?」


クロ 「なにが?」

カズオ 「そうゆうことじゃねえんだよ」

 「つまりさ~」


クロ 「ふん」




ちょっといってやって

カズオ 「おいミドリ~」

 「黙ってないで、なんか言えよ~」

 カズオはとまどいながら、ミドリに振った。





しょうがないなあ

ミドリ 「カネが欲しいなんてのは、あたり前のことだろ」

 「そんな、せこいことじゃないんだよ、」

 「いま、私たちが考えてんのはさぁ~」






いってくれるなあ

クロ 「ほ~、じゃ、なんだミドリ、」

 「カネじゃない幸福ってのは?」

ミドリに注目するみんな





いやだよ

ミドリ 「うまくしゃべれないよ、頭悪いんだからさ」

カズオ 「みんな頭悪いんだからさ、なっ、」

 「気合入れてしゃべれ」





あ~も~いやだ

 ミドリは机に突っ伏しながら、頭を抱え込んだまま、頭を小刻みに何度か掻(か)いた。

 なにごとか小さくつぶやくミドリに向かってクロは聞いた。




どした

クロ 「どうしたミドリ」





しょうがないな

 顔を上げたミドリに向かってクロがうなずくと、観念したようにミドリはしゃべり始めた。



    < 続く >


インターネットでレンタル

学校


学校 [DVD]学校 [DVD]
(2009/01/28)
西田敏行竹下景子

商品詳細を見る









テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。