ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドビュッシーに見習う、過去を学びつつもとらわれない、自分の自由な発想を尊重する固い意志

 今年、生誕150年を迎えるドビュッシー(Claudo Debussy(仏)1862-1918)の音楽は、一聴しただけでは良さがわからなくて、ずっと苦手にしてきた。同時代のフランスの作曲家、ラベルやフランクのようわかりやすいメロディーや曲の構成とは違う。

 ドビュッシーが歌曲でよく取り上げた詩人の「ポール・ヴェルレーヌ」(Paul Marie Verlaine(仏)1844-1896)は、『「何よりもまず音楽を」で始まる有名な詩「詩法」(1882年作)で、何ものにも規定されない音楽の不確定な状態を希求した、彼はまず、重さも気取りもなくおぼろげに大気に溶ける「奇数脚」をよしとして、またヴェールに覆われた美しいまなざしのように「定かなもの」と「定かならざるもの」が混じり合う灰色の歌に優れるものはないこと、鮮明な色彩ではなく、そこはかとないニュアンスを求めること、長々しく詳述する「雄弁」を使わず暗示すること、換気することを象徴主義の美学とうたった。』(ドビュッシー/松橋麻利)音楽の友社P.46,47より

 ・・・

 ヴェルレーヌが述べたこの一見とらえどころのない特徴は、とりわけドビュッシーのオーケストラを用いた作品によくみられる。

 パリのコンセルバトワールの学生時代、チャイコフスキーのパトロンの一家のもとで彼の曲を学び、当時、流行していた様々の管弦楽曲をピアノ譜用に編曲したり、自分の曲の特徴とはまったく反対側にあるワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を暗譜するほど学びつつも、彼の潮流に飲み込まれることをかたくなに拒み、過去の作曲家の曲に囚われない自由な自分の発想を展開させることを大切にすることで、他の誰にも真似できない彼独自のスタイルを確立した。

 彼の成功した理由を考えるとき、今の閉塞した世の中を打破する鍵は、彼のように過去に学びつつも、囚われない固い意志を持ち続けることにあるような気もする。

 ・・・

 そんな彼の作品の中でも、とりわけピアノ作品は、彼の作曲の変化の過程が垣間見らえるようで、彼の作曲のスタイルとは別の一面も覗かせる。

 「ドビュッシー:ピアノ名曲集」(UCCP-7092)でのゾルタン・コチシュの演奏は、明晰なフィリップスのデジタル録音も手伝ってか、そんなドビュッシーの一面をはつらつ伝えている。

 CDの最初の曲は、彼のスタイルが確立した「前奏曲集第1巻」(1909)だが、彼の独自の世界に当惑するかもしれない。そんな方には「ベルガマスク組曲(1890-1905)から聴くのをおすすめする。一聴してわかりにくいと思ったドビュッシーの曲も、より若いころはそんなに近寄りがたい人物ではないと感じるだろう。

 インターネットのストリーミングサイト、「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」(NML)では、本CDにも収録している彼の陽気な曲「ゴリウォックのケークウォーク」の聴き比べを特集している。

2012年生誕150年 - ドビュッシー:ゴリヴォッグのケークウォーク聴き倒し

ジャズのもとになったラグタイムをモチーフにして彼らしからぬ曲をいろんな演奏を聴いて楽しむのも一興である。

10月20日記す、

ドビュッシー:ピアノ名曲集ドビュッシー:ピアノ名曲集
(2005/06/22)
コチシュ(ゾルタン)

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

アマゾンのカスタマーセンターに注文できないかと聞いたらいきなりアカウントを閉鎖された。


 アマゾンジャパンに作っているアカウントを閉鎖されたので、先日、別のアカウントを作ってCDを注文した。
 
 内容が気に入ったので、もう一枚買おうとしたら、注文の釦は通るのに、注文の履歴に残らないので、カスタマーサービスに電話して聞いたら、通常、枚数制限を超えている場合は注文釦を押しても注文できないはずだという。

 カスタマーセンターの担当者は別の要因が考えられるので、専門のスタッフに後からメールさせると言った。

 ・・・

 今日、なかなか返事がこないと思いながら、出かけた先から戻ってきてタブレットでアカウントにログインしようとしてもできない。それで、パスワードを送ってもらおうとしたのだが、それもできない。

 しかたがないので、パソコンでメールを開いてみたら、アマゾンからメールの返事が来ていた。


Amazon.co.jpにご連絡いただき、ありがとうございます。

お問い合わせにつきまして確認いたしましたところ、このアカウントは、以前当サイトにて閉鎖させていただきましたアカウントと関連のある可能性がございましたため、関連アカウントと判断し、誠に勝手ながら閉鎖させていただきました。閉鎖されたアカウントの再開は致しかねますことをご理解いただきますようお願いいたします。

これにより、商品の発送が完了していないご注文につきましては、全てキャンセルさせていただいておりますので、ご了承ください。

当サイトでは、全てのお客様に安全に当サイトをご利用いただけるよう、努めております。今回の閉鎖につきましても、この観点からの対応となりますことを、ご承知おきください。

誠に遺憾ながら、本件について精査し、協議した結果、当サイトではこれ以上お客様にご満足いただけるサービスをご提供できないとの結論に達し、アカウント閉鎖措置をとらせていただく運びとなりましたことを、ご理解くださいますようお願い申し上げます。今後お客様よりアカウントを再登録いただきましても、ご連絡なしにアカウント閉鎖措置を取らせていただく場合がございますことをご了承ください。

永らくAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございました。

返事には”以前当サイトにて閉鎖させていただきましたアカウントと関連のある可能性がございましたため、誠に勝手ながら閉鎖させていただきました。”とある。

 たしかに、勝手だ。カスタマーセンターにもう一枚買えるかどうか問い合わせただけなのに、いきなりアカウントの閉鎖である。なんだか目のかたきにされているとしか思えない。


 ″全てのお客様に安全に当サイトをご利用いただけるよう、努めております…今回の閉鎖につきましても、この観点からの対応となりますことを、ご承知おきください。″という理由もなんだかおかしい。ぼくが他の客になんの迷惑をかけたというのだ。強いていえば、アマゾンのスタッフがぼくに利用してもらいたくないだけではないのか?さらにいえば、今、迷惑をかけられているのはぼくで、迷惑をかけているのはアマゾンの方である。

 実は、かなり以前、このアマゾンの一方的なやり方を注意してもらえないかと羽村市の消費者センターの担当者に相談したのだが、″アマゾンからキャンセルがこれ以上続くと、アカウントを閉鎖する″という連絡のメールが来た後、ダブって注文していたCDを数点キャンセルしてしまったことを伝えたら、″それなら、アカウントを閉鎖されても文句は言えない″というものだった。別のアカウントを造っても閉鎖する権利はアマゾンにあるとも言い、アマゾンに電話でとりもってすらもらえなかった。

 消費者センターというより、販売側の権利?を擁護するための市の組織である。こんなのに税金が投入されていると思うとやってられない。

 ・・・

 カードのブラックリストというものはあるが、警告を受けた後で、注文を数点取り消しただけで一生商品を売らないというブラックリストに乗せるなんて、あまりにえげつなすぎるw

 しかもそういうのを、担当者の名前も書かないEメールだけですませるのである。

 こんなひどい芸当をいとも簡単にやってのけるのは世界のアマゾンの中でも、香港出身の社長"ジャスパー・チャン"が経営するアマゾン・ジャパンだけだろう。

 なんだか、質問しただけで利用停止にするような暴力的通販会社が、これ以上、日本国内で大きな影響を持ち続けると、それこそ、″全てのお客様に安全に当サイトをご利用いただける″のか不安だ。

 アマゾンはぼくと話し合いのテーブルにつき、利用停止にした理由をより納得いくませ説明すべきではないのか?

 地球一のカスタマーサービスとかメールでは言っておきながら、これではまるで北極のような背筋も凍る対応ではないか...

 税金をたっぷり使って消費者庁を作っておきながら、こんな暴力的会社を野放しにしてやりたい放題させているのなら、そんな役所を続ける必要がどこにあるというのだ。

 客を一方的に排除するマフィアのような通販サイトが、日本に法人税も収めず、利益をすべて米国に送金していることを日本の国税庁が許しているから、かえってつけあがっているのではないのか?

 無法者の企業自体も問題である。しかし、それ以上に深刻な問題は、その無法者を正すことが日本の行政に備わっておらず、ただ飯を食らっていることだ。

 そのうち、金ドルとかいう電子書籍リーダーを買わされたあげく、アマゾン・ジャパンに一方的に利用停止の詐欺にあう顧客が増えて大騒ぎになる前に、行政がキチッと対応しないと、金ドルを買わされたあげく、書籍のダウンロードができず、ぼうぜんと立ち尽くす光景が日本中に広がりかねない。


追記:

 アマゾンの担当者:「やれるものなら、俺たちに質問してみろ!」って違うか...

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。