ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マニフェストは教えてもらえなかった」並木心・羽村市長・後援会事務所への初訪問

 並木心・羽村市長・後援会事務所への初訪問

 昨日は並木心・羽村市長の後援会事務所を訪問した。おとといまで事務所の場所や電話番号が分からず、羽村市選挙管理委員会まで行って聞いたのだが、職員の方も知らなかった(驚き!)ので、諦めかけていたところ、たまたま会った市民の方に、場所を教えてもらうことができた。

 言われた場所、羽村駅前東口のハムラドームの横、市役所通りをはさんでマクドナルドのむかえを、おとといの夜にぐるぐる歩きまわって探したところ、プレハブ2階建ての一階に「並木心後援会」の看板を見つけた。

 さっそく右側の扉を開けて中に入ると、50代くらいに見える後援会の男のひとが受付に出てきた。「こんにちは」と明るく挨拶(あいさつ)された後、並木心氏の定型内封筒サイズのパンフレットの横に置かれた氏名、住所、電話番号を書く用紙に記入するように言われた。「記入しなくてもいいか」、と聞いたところ、記入しないとリーフレットをもらえないとの事だったので、記入することにした。

 告示日前におけるマニフェスト(政権公約)の入手について

 用件を聞かれたので、おとといポストに投函されていた自民党の林田都議の「林田武 都議会報告」に2期8年間の活動報告に実績がビッシリ書いてあったことに触れ、並木市政の8年間の市政の実績と、選挙に臨(のぞ)むにあたってのマニフェストの資料をみせて欲しいと頼んだ。

 すると、後援会の受付の方は、「そういった資料は用意していない」とゆう。そして、椅子に座って、説明をしてくれた。

 後援会の受付が言う並木市政の8年間の実績の中身

 受付の方は後援会「並木心を応援する会」の会員の方だった。

 8年間の実績に関しては、4年ほど前に産業福祉会館の1階に設けられた「商工業活性化推進センター」の活動によって、専門家を招き講演を何度か行ったことで、市内の事業者が知らないことを知ることができ、それによって事業者が工夫(くふう)でき、売上が向上したとゆう。

 また、講演の内容はおもに輸出などの販売ルートのノウハウだったとゆう。

 ぼくは4年前、インターネットで販路を拡大したいと相談に訪れた初老の方を、「商工業活性化推進センター」の河村係長が容赦なく追い返したのをまじかに観ていたので、疑問に感じていた。

 それで、そういった事業者が、講演を受けたことで、どのように変わったか具体的な例を聞いたところ、そのようなものは分かるはずがないとゆう。

 それなら、羽村市の産業全体で4年間でどれくらい売上が上がったかわかる資料はないか、と聞いたところ、資料はないと言い、「商工業活性化推進センター」でもないだろう、と答えた。職員は活動に追われて資料を作っているひまなどないとゆう。

 また、販売ルートのノウハウの例を聞いたら、それについて話したら他の市もまねしてしまうから言えるわけはない、とゆう。

 
 「商工業活性化推進センター」の過去の印象

 ぼくは、2年前に河村係長に産業福祉会館の椅子の座り方について注意され、「出て行け!」と言われたときに、椅子の座り方に対する規則はなく、その規則を見せてもらうよう頼みこんだところ、規則を見せることを拒まれたので、福生警察に電話して、根拠もなく脅(おど)されていると訴えたら、ようやく規約が載っているとゆう厚い冊子を見せられ、そこに規約がなかったことを思いだした。

 「商工業活性化推進センター」は、市民に実績を報告する資料の作成を怠っているのではないか、と想像した。彼らの仕事を横で何度も見てきたが、多忙に仕事をしている姿はほとんど観たことはなく、あるとき、デジカメで覗き込んだとき、職員が何十分もジッと見ているパソコンのウインドウズの画面が初期画面のまま変わっていなかったことがあった。

 職員は荒れており、設置したパソコンを利用しているひとに70db以上のからぜきをして、いやがらせをして気を紛らわせていると感じていた。ぼく自身、河村係長が恐ろしかったのであり、昨年に「商工業活性化推進センター」が産業福祉会館からたちのいたときはホッとしたものである。 

 そのことを思い出しながら、「商工業活性化推進センター」は単なるリストラ用職員の受け皿で、たいした成果を上げていないのではないかと感じた。

 結局、受け付けの方は、並木市長の8年間の成果である「商工業活性化推進センター」の設置の効果は、「商工業活性化推進センター」のHPで確認してくれ、と言った。パソコンがない人はどうするのだろうか...

 マニフェストは告示日の新聞の折り込みに入る選挙公報までない。また個人ブログで記事を書くと告げると、渡されたリーフレットを取り上げられてしまった

 マニフェストに関しては、告示日に新聞の折り込みに入る選挙公報に載るから、それまで待ってくれという。ぼくは、告示日前に知らないと困るからスケッチのようなものでいいから何かみせてほしい、と粘った。

 すると、「なぜ告示日前でないとだめなのか」、と聞かれたので、ブログで候補者のマニフェストを比較し、意見を書きたいと言った。

 そしたら、リーマンショック前の秋ごろに作成したリーフレットを取り上げられて、
「うちはネットはやらない。選挙の法律に抵触する。このリーフレットに基づいて記事を書かないでくれ。記事を書くなら、羽村市のHPを観て参考にしてくれ」とゆう旨のことを言われた。

 そして、「並木心を応援するならリーフレットをあげてもいい」と言われたので「応援します」と言った。

 すると、「このリーフレットには、『並木心を応援する会』の入会申込書がくっついているので、入会の記載をしないと、渡せない」と言い出した。

 会の趣旨を読むためのリーフレットであり、それを読んだ後に納得して入会の申し込みをするのが、一般のリーフレットだと考えると、入会しないと趣旨が分からないとゆう発言は横暴に感じられた。果たして、これが後援会の総意なのか疑問に感じた。

 ぼくは、「考えてきます」と告げて事務所をあとにした。
 
 事務所の印象-選挙準備の様子もなく、自公民の代表の大きなポスターに圧倒される

 ぼくが訪れた午後2時ごろは、留守番の女性と受付の方が2名いるのみで、選挙のためのビラやはがきの作成などの準備をしている様子もなかった。

 入り口を入って左側を振り向くと、壁の右側に自民党の麻生太郎首相の大判の激励ポスターが貼られ、左側には民主党の小沢一郎代表の激励ポスターが貼られ、そのポスターの横には公明党の太田代表の激励ポスターが貼られていて、改めて、並木市が自公民連立政権推薦の市長であることが実感できた。

 ただ、いまや仇敵(きゅうてき)となっている民主党の小沢代表と公明党の太田代表のポスターを並べて貼っているのを支持者が見たら、どう思うのだろうかと考えると、配慮のなさを感じなくもない。とにかく、この大きな3枚のポスターを観るために並木心・後援会事務所を訪れる価値はあると思う。但し名簿に記入させられるので、注意が必要だ。

 最後に

 ブログで羽村市長選出馬者について書けるのは、選挙の告示日(22日)前までなので、あと6日しかないのを考えると、並木市長のマニフェストや8年間の実績を書くのは現実的に難しい。それに比して、「市民の会」の方は質問に気軽に答えてくれるので、6日間は「市民の会」から話を聞いて記事を書くほかなさそうだ。

 選挙活動が行われ選挙民の関心が高まる告示日以降に公職選挙法が市民の自由な情報発信を禁ずるのは、立候補者に関して選挙民の知る権利を侵害し、市民が簡単に立候補者のマニフェストなどを知ることを難しくしたまま、投票行動に移らなければならなくなるのを助長する。

 市民が立候補者の詳しい情報を得て万全を期して投票に望めるように、告示日以降でもネットによる個人の情報発信を可能にするために公職選挙法を改正すべきだと思う。

-----------------------------
追記:
 当ブログに並木心後援会事務所の場所に関する検索が多数寄せられているので、勝手ながら、地図と建物の写真をUPします。文責はぼくにあります。公職選挙法に抵触する場合はコメントをお願いします。できるだけ早く対応します。

なみきしんこうえんかいじむしょ

ぷれはぶにいかいだて

はむらえきのまっくのむかえ










テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

コメント

No title

はじめまして。
市内に住む主婦で市長選挙を控えて勉強中の者です。
とても参考になる記事をありがとうございました。

私の周りでは市長選挙がある事事態、知らない人が多いのが
現状です。
そのような中、選挙民の関心が高まる告示日以降に公職選挙法
が市民の自由な情報発信を禁ずるのは大問題だと思います。

男女共同参画に理解をしめし、行動して来たのが並木市長だと
の主張が主流のようですね。
いまや景気の煽りを受け、幼稚園が定員割れ、保育園の
需要が要求される中で働く女性の要と言える教育、福祉を削る
ような公共事業の強行推進を進める並木市長はいかがなものか
と思います。

私は以前、選挙時にコミュニティーセンターで行われた公明党の
支援会に参加した事があります。
創価学会員のタレントが、公明党をヨイショするのは分かりますが、
参列した並木市長を「良い男だ」「ハンサムだ」としきりとそのタレ
ントがヨイショしてたのが印象に残ってます。
並木市長も組織票の為に営業活動をとても重視してるようです
ね。
ですから、敵対する政党間でも仲よくポスター貼る事に違和感など
ないのだと思います。
お客さんが煩いからと、義理でベタベタ節操もなく、言われたままに
選挙ポスターを貼るお店と同じなのだと思います。
目的が「選挙」ではなく、「営業」になってるのでしょう。

現市長が注目してるのは「市民の暮らし」なのか、「市長の椅子」
なのか。
今後の動向を見極めようと思います。

  • 2009/03/17(火) 15:09:50 |
  • URL |
  • やまざき #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

やまざきさん、コメントどうもです。

 今回、羽村市長選挙を3月の重点テーマに取り上げたのは、市民の暮らしに最も重要にかかわっているのは市の行政で、それを導くのが市長や市議だとゆうことに最近気がつき、4年に一度の市長選挙を通じて、羽村市内の産業や福祉、教育などを理解し、現在取り組まれていることやおろそかにされていることを、ぼくなりに考えてみようと思ったのが発端です。
 
 ・・・

 やまざきさんがおっしゃるとおり、山下よしきさんが出馬表明するまで、8年間の並木市政を総括することなく、昨年、突然訪れた不景気にもかかわらず、場当たり的な対応はあるものの、抜本的な対策が講じられる様子もなく、無投票で再任されるところでした。

 8年前に44%の市民が投票所に足を運んだのを考えれば、市民に市の政策を考える機会を与えることなく、投票する機会すらないまま、市長が再任されることに大きな危惧を抱きました。

 ・・・

 市民の多くは厳しい状況のなかで、市政について考える時間すらないのかとも思えますが、市民の生活の根幹になる部分である健康保険、介護保険なども含めた市民の負担は、この8年間で徐々に増えていますが、実感なき「だらだらかげろう景気」で、市民多くのの収入はそのままか、派遣社員の増加で減少の傾向にあります。
 
 生涯学習センターである羽村図書館や市民会館「ゆとろぎ」などの数十億かけたりっぱな建物が建つ一方で、学生が勉強できる席数は十分確保されておらず、雑誌や本の購入費は減る一方で、市民会館が有料になったことで、市民の利用も減っています。これで並木行政が市民の教育・文化レベルをあげるべく有効な投資を行ってきたのか疑問です。

 ・・・

 「男女共同参画に理解をしめし、行動して来たのが並木市長だと」ゆうお話は始めてききました。どうゆう成果が出たのかぼくも勉強してみようと思います。

 65歳以下の比率が80%台を占めている羽村市ですが、不況下で収入の落ち込みを受けている市民が多いなか、待機児童が徐々に増加していたり、保育園の面積が狭いなかで児童のけが人がでているとゆうはなしも聞きます。

 幼稚園の入園料が払えないために親御さんが幼児教育を断念せざるをえない状況はなんとかして避けなければならないのではないでしょうか。

 不要不急の公共事業に使うお金を見直し、少しでも市民に直接役に立つように使うのが羽村の未来にとって重要だと、ぼくも思います。

 昨日、調べたのですが、羽村の公共事業も随意契約が多く、一般競争入札の落札価格が予定入札価格の約9割と高いものがあり、十分見直しの余地があるような気がするのですが...

 ・・・

 「並木心を応援する会」の事務所で初めて麻生首相、小沢代表、太田代表の3つの激励のポスターを観たときは唖然(あぜん)としました。羽村市では、政党で野党と言えるのは共産党くらいで、社民党や国民新党もいません。これで、市政に対して厳格なチェックが入るのか極めて疑問です。

 やまざきさんが言われるとおり、公明党の創価学会員に対する並木さん(新政会:自民党系)のよいしょを観ていると、創価学会のひとが気の毒に思えることがあります。

 ぼくも病院で福生に住む創価学会の中年の女性の方と世間ばなしをする機会があったのですが、公明党を応援しても暮らしが一向に楽にならないことで公明党に不信感を持ち、帰って天敵の共産党の市議の方が暮らしに困っている方の援助を訴えるいることを話したら、深くうなずかれていました。

 池田大作先生がいつも一面で表彰されている聖教新聞を読んでも暮らしは楽になりません。創価学会の方々は、学会まかせにするのでなく、ご自分で考えて納得いく政治家に一票を投じなければならないのではないでしょうか。

 ぜひ、並木心後援会事務所に行って、仇敵の小沢代表と太田代表のポスターを並べて貼ってあるのを確認して現実を考えてほしいと思います。

 今回、並木市長に質問をぶつけられないのはとても残念です。告示日を過ぎたら、いつも、すぐ期日前投票をするので、告示日前になんらかのアナウンスが欲しかった。

  • 2009/03/18(水) 15:08:09 |
  • URL |
  • ウーツー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/119-22afb833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。