FC2ブログ

ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生首相がみずから自民党の支援団体をまわるなか、ぼくの住む団地にも珍しく衆議院東京25区現職の井上信治議員が街頭演説に来た

 麻生首相がみずから、22日に引き続き、自民党の支援団体である日本自動車工業会など12の団体幹部と会談し、衆議院選の支持を要請した昨日(23日)、ぼくの住んでいる団地に、衆議院東京25区の現職の自民党の井上信治議員が、中型のワゴンに乗って、街頭演説に来た。

 衆議院が解散を決めたのは21日(火)だったから、わずか2日後に隣町の青梅市から、わざわざ、こんな創価学会員くらいしか支援してくれそうもない団地に来てくれたわけだ。

 井上議員を観るのは団地に来てから二度目、前回は羽村市議選のときに、佐藤せいいち元市議の応援に駆けつけてエールを送っている姿を観た。

 ・・・

 今までずっと、総合週刊誌に当確の○がついていた井上議員だが、今回の都議選後、西多摩選挙区と青梅市であいついで民主党が勝ったのを受けて、今週号の週刊文春は始めて井上議員に当選不利の▲をつけて、民主党が推薦する国民新党の真砂太郎氏(△)に逆転当選有利の評価を下した。

 都議選で無党派の風が大挙して民主党に吹いた今度の選挙には、総理ならずとも、当選確実と思われた議員にさえ、相当な焦りがあるのだろう。

 ・・・

 あいにくの雨のなか、白いビニール傘をさしての井上議員の演説は5分くらいの短いものだった。

 井上議員は2期6年間、議員を務めてきたことを述べたうえ、「井上信治の4つの約束」と称してマニフェストを述べた。

 1つ目は景気の回復。2つ目は雇用の回復。3つ目の公務員の天下り、渡りの根絶。4つ目は西多摩の強化だった。

 その後、年の多いベテラン議員がもたらした自民党内部の混乱を批判し、これからは若手の議員が自民党を引っ張っていかなければならないと述べた。

 最後の自民党批判はちょっとドッキリの発言だったが、簡単な項目以外に具体的な政策の言及はなかった。まだ自民党のマニフェストができていない段階では、細かいことはいえないということなのか...

 ・・・

 日経が伝えるところによれば、麻生首相がみずから自民党の支援団体を尋ねて応援を訴えても、『ただ、民主優勢が伝えらるなか、自民支持を明言するメリットを感じない団体も多い。首相と会談した団体幹部は言う。「一国の首相が会いたいと求めてきたら会わない訳にはいかない。話ぐらいは聞く」』日経(7/24)2面
と、そっけないところもある。
 
 井上議員がこんな団地にせっかく早々に訪れてくれたのだから、ぼくもとりあえず話しくらいは聞いておこうかな、という感じだ。

※参照 日本経済新聞(7/24)2面

---------------------
追記:

 どうやら青梅から共産党の街宣カーも来て演説して行ったのだが、はなしが印象に残らなかったのか忘れてしまた。どうも投票日が来月の30日ということもあってか、話が頭に入らない感じ。








テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/228-3c5d56be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。