FC2ブログ

ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おととい、河辺で行われた日本共産党東京25区鈴木おさむ氏と比例区東京の谷川智行氏の演説を聞きにいってきた

かいえんまえのようす

 社民党の衆議院比例代表東京ブロック新人・池田一慶候補が、ぼくの住む団地で5分くらいの演説をしていった一昨日(8/7)、夕方から日本共産党の衆議院選挙候補者(第25小選挙区、比例東京ブロック)の演説会が河辺であり、元共産党市議の方が車に乗せてくれるというので、講演会を聞きにいった。

 会場には400人ほどが座れる折りたたみの椅子が用意され、多くのお年寄りが訪れていて、講演会が始まるころには、ほとんどの椅子が埋まるほどの盛況ぶりだった。

 ・・・

 太鼓の催しで始まった後、青梅市議の西村礼子さんの司会で、2つの市民団体の方の話が続いた。生活保護を受けながら「生活健康を守る会」で活動している高齢の方は、生活保護の申請書をなかなか渡さない役所の行政とねばり強く交渉してきたといい、現在は23区のなかで一ヶ所だけ、窓口に申請書が置かれていると、淡々と言った。

 次に、日の出町議員・折田眞知子さん(日本共産党)から、日本発の老人医療費無料化についてはなしがあった。
 当初、このはなしを議会にもちかけたのは、新政会(自民党系)の青木国太郎・町長で、町議会の過半を占める9人の新政会議員がそろって反対したという。
 しかし、この町長の訴えをTBSテレビの「みのもんたの朝ズバ」が取り上げ、放送したところ、町民の多くが町長の支持し、議会も反対できなくなり、実現したということだ。
 日の出町も高齢化を迎えており財政状況は決して芳しくないなかで、高齢者福祉を優先したということだ。現在鳥取県の自治体で2番目の高齢者医療費の無料化が実現し、他の自治体でも無料化の動きがあいついでいるという。しかし、最近読んだ日経によれば、政府が日の出町に対し、この制度を止めるよう圧力をかけている。

えんだんといったいかしてる!

 その後、衆議院小選挙区・東京25区(青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、桧原村、奥多摩町)から立候補を表明している新人の鈴木おさむ氏の演説があった。

 現在、日本共産党西多摩青梅地区委員長で、日の出町に住み、3期12年日の出町市議を務めたという鈴木おさむ氏は、日の出町の高齢者医療無料制度を国の制度にしたいといった。そして、演説のときにすれ違う同じく25区から立候補している自民党の現職・井上信治候補が「政権交代より世代交代だ」と、訴えていることについて、「世代交代は単なる自民党政治の継承にすぎず、なにも変わらない」と批判した。

 更に、「後期高齢者医療制度」を提案したのは自民党・公明党でなく民主党と社民党であり、民主党が政権をとり、後期高齢者医療制度の廃止をしようとすれば、自・公の追求を受けるのは必死だ。堂々と廃止を訴えることができるのは共産党だけ、と強調した。

 そして、みずからの共産党への入党の動機について、19才のとき、ベトナム戦争が終結し、ベトナムの共産党が、アメリカを負かしたのに驚いた。そして、翌年、ロッキード事件がアメリカの議会で問題になる5ヶ月前に、しんぶん赤旗がこの問題を指摘し、日本共産党が自民党を追及していたことに感動して入党を決意した、と語った。

いけめんはおとしよりにもにんき

 最後に、東京比例ブロックから立候補を表明している新人の谷川智行氏(37才)の演説が行われた。
 
 谷川氏は医師で、反核医師の会に属し、原爆被爆者原告団と行動をともにしてきたと言い、政府と原告団の和解について、遅すぎたと言いながらも、闘いが国を動かしたとし、残った被爆者の救済のために被爆者認定制度の抜本的改善を目指すと語った。

 そして、米国のオバマ大統領が核軍縮を唱えるなか、日本政府が核の傘を引き続き米国に要請していたことは、はずかしいと、一喝した。

 また、診療所で息子が過労自殺した親などを見てきた経験から、財界にものを言う政党でなければ日本を守れないと強調し、労働者派遣法を抜本改正したいと語った。

 ・・・

 谷川氏のはなしが終わった後、周囲をみたら、後ろの壁に沿ってある席やまわりの立ち見のお年寄りの方々でいっぱいで驚いた。日本共産党というより老人党と名乗ったほうが西多摩ではわかりやすい。

 講演会が終わった後、帰りの車の中で、元共産党市議に、鈴木おさむ氏の演説が昨年よりずいぶんよくなった、と感想を言うと、元市議は「話が長くて困るのよ。」と、いつものセリフを言った。元市議は現在、横田基地騒音問題運動や立川に建設予定の米軍基地?の反対運動に参加し、市議を退いた現在も活躍している。

 週刊誌の予測によれば、日本共産党の獲得議席予測は、現在の9議席に対して、比例プラス1議席の10議席。実現して野党になれば党首討論に参加できる10議席になる。日本共産党に投票すれば、今までの衆議院とは異なり、財界にはむかう野党と、財界にしたがう与党の党首討論が実現する楽しみがある。ちなみに都議選のときは15議席の予測が多かったが、8議席になり大敗した。

 配布されたビラによれば、2005年の衆議院選挙(東京の投票率:65.6%)では、日本共産党は比例票を58.6万票獲得し、2議席獲得の65万票まで、6.8万票届かなかったということだ。東京都議選の投票率は54.49%で、前回の衆議院選挙の投票率に約11%及ばないが、共産党は支持者の票数はあまり変化しないので、投票率が落ちた場合、前回と同じ得票数で2議席獲得できる可能性もある。

 ・・・

 演説では小選挙区の鈴木おさむ氏のほうが面白かったのだが、小選挙区で日本共産党が当選するのは奇跡でもおきない限り難しいのが実情。ちょっとたよりなさそうな谷川氏のほうが当選の可能性がある。一票を殺したくない有権者としては、難しいところだ。









テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/236-5c0eff72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。