FC2ブログ

ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新自由主義経済から自由主義経済への回帰は、経済危機からぼくらを救えるか?<下>「メルトダウン 金融溶解:トーマス・ウッズ著、副島隆彦訳」を読んで

  < 前から読む >

 多くの市場経済に関する理論で共通して見られる傾向は、「需要(消費)」や「供給(生産)」を、数値化したり、それらを関連づけて結論を得るが、「消費」や「生産」はあくまで数値であり、それを行う者が人間であることを考えていないように思える。

 すなわち、例えば、食料の「生産」が極端に少なくなって、人間の「消費」を賄いきれなくなれば、人間は死んでしまうから、そのあとで、人間が「生産」できる量は大幅に減少する。

 しかし、経済学者は人間を死ぬことがない数値としか捉えないから、その後で、極端に減少した生産量や消費量が分かるまで、全く当てはまらない以前と同じ「生産」と「消費」の関係を用いて、市場の予測をすることになる。当然、これでは人間が死んでしまった直後の市場を予測できない。

 また、例えば、子どもや引退した高齢者や障害者は生産をしないが「消費」はする。予測した生産量が過大な要求であったとき、労働者が酷使されてあげく負傷して、予定どおり生産できなくなることもある。

 オーストリア学派の経済学にしても、これら「生産」をしないひとは数値上「0」としかみなさないし、人間の労働能力に個人差があるにもかかわらず、ひとりあたりの生産量が同じに見積もって生産を実行すれば、無理な目標を与えられた労働者は目標を達成できないばかりか負傷して、今までの生産能力も大きく損なうことになる。
 
 つまり、経済理論では、生産や消費を人間でなく単純に数値として考えてしまうが、その数値はあくまで人間に関係するから、その理論が人間の限界を超えてしまう場合には成立しないのだ。人間本位の持続可能な経済理論でなければならない。

 ・・・

 ニューズウイーク日本版(9/9)号の読者投稿欄(P.76)では、そんな資本(自由)主義経済の限界について、「国富論」でアダム・スミスが言及し、社会がそれを助けるべきだと述べていると、言っている。

 この記事のように資本主義について読者を啓蒙する意図で書かれているにもかかわらず、真の「資本主義宣言」であるアダム・スミスの「国富論」にまるで触れていない文章に出合うと、私は驚きを禁じ得ない。スミスは個人による利益の追求と、行き過ぎた強欲をはっきり区別していた。強欲は資本主義にとって脅威であり、資本家たち自身から最も大きな危険は生まれると考えていた。

 彼はこう説いている。富と相関関係にあるのは個人ではなく社会であって、社会は一定の環境を維持するために資金(累進課税による税金)を必要としている。そして教育や公共施設はその重要性から、自由市場に任せることはできないのだと。

 だがアメリカやイギリスで目にする資本主義関連の記述の多くは、スミスの考えと懸け離れている。強欲は善であり、税や規制は資本主義を損なうもので、自由市場がすべてを解決すると説いている。Steven Telleen(カリフォルニア州)


 ・・・

 市場原理主義も強欲になり過ぎて、社会を破壊し、それを成り立たせる基盤を危うくしてしまった。今、やるべきは政府や民間、個人が投資して、社会資本の整備や損なわれてきた労働環境、教育、医療、年金などを復活させ、公共施設の有効利用を図り、社会が傷んだ個人を守ることだ。

 そして、行き過ぎないような市場ルールを決め、健全に修正された市場原理主義に基づく自由市場を再び確立し活用することだと思う。

   < 完 >

---------------------------
後記:

 ウッズの本をななめ読みした後、たまたまニューズウイーク日本版の読者欄を読んで、はたとひらめいてから、これを書いてみたいと思ったのは、国会議員選挙の選挙期間中だた。

 最初は一気に書き下ろそうと意気込んでいたものの、長い時間考えることができない状態が続いて、実現できないでいた。

 そんな日々、少しずつ分けて書いたらできるかも、と思いつき、なんとか書き下ろすことができた。

 3日間つきあってくれた読者に感謝します。
メルトダウン 金融溶解メルトダウン 金融溶解
(2009/07/31)
トーマス・ウッズ

商品詳細を見る









テーマ:経済批評 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/253-c0bcdb2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。