FC2ブログ

ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新譜の期待が外れて、かなりがっかりはしたが、意外にも手持ちのCDのよさに気付いて、少し得した気がした「ハイドン:弦楽四重奏曲・作品20/モザイク四重奏団」

ほこりかぶってました

 アルカナ・レーベルが、フェステティチ四重奏団による作品9~103までの古楽器によるハイドンの弦楽四重奏曲プロジェクト(全9巻)を行っていたが(1999~)、最後に残された作品33,42のCDを先月発売した。

 古楽器による録音のうち、それまで唯一の作品42の録音(ザロモン四重奏団:ハイペリオン)が廃盤で買いそびれていたので、購入しようかどうか考えていたのだが、英国のサイトでアルカナのCDの割引をしており、送料を入れても約£16(2,400円)で手に入るので、それまで持っていたCDを繰り返し聴き、よさそうなので、今まで購入を控えていたCD(約£11:1,650円)4セットと共に思い切って購入することにした。あいにく1セットは在庫が切れていて手にいれることはできなかった。

 ・・・

 期待しながら、さっそく、いっしょに届いた作品20のCDをCDプレーヤーにかけた。 しかし、どことなく、せかせかして落ち着かず、聴き終わった後、2枚目のCDを聴く気になれなかった。

 "はずしたかな"と思い、同作品のモザイク四重奏団の演奏を久しぶりに聴いてみた。すると、ゆったりとして優雅で、とても気分がリラックスしてきた。弦楽器の音の耳あたりもこっちの方が気持ちいい。

 "全然こっちのほうがいい"

 そう気付くと、なんだか無駄な買い物をした気になって、かなりがっかりしてしまった。 今日、新譜のセットも聴いたが、少し聴くと、やはり、モザイクの方が聴きたくなってしまった。

 "せっかく、新譜のCDを買ったのに、手持ちのCDの方がいいなんて..."

 そう気付くと、なんだか悔しくて購入の意義をなんとか正当化したくなる。はつらつとしたフェステティチの演奏を思い出しながら、気分が軽いときにもう一度聴いてみることにした。

 ・・・

 今では、モザイク四重奏団の演奏のうち、未入手の有名な作品64、76の演奏がとても聴きたくなり、中古屋のネット検索で探した。この団体のCDは中古市場では不人気で、店頭でもあまり売れている様子もなく、よく見かけるので、あまりあせってはいない。これらと作品77,103を含めた5枚組みのCD-BOXも5千円ほどで入手できるのでラッキーだ。

 新譜の期待が外れて、かなりがっかりはしたが、意外にも手持ちのCDのよさに気付いて、少し得した気がした。

Haydn: String Quartets, Op. 20Haydn: String Quartets, Op. 20
(2000/06/13)
Franz Joseph Haydn、

商品詳細を見る


Haydn: String Quartets, Op. 33Haydn: String Quartets, Op. 33
(2000/06/13)
Franz Joseph Haydn、

商品詳細を見る


Haydn: String Quartets, Opp. 20 & 33; The Seven Last Words of Our SaviorHaydn: String Quartets, Opp. 20 & 33; The Seven Last Words of Our Savior
(2009/08/25)
Franz Joseph Haydn

商品詳細を見る


Haydn: String Quartets, Opp. 64, 76, 77Haydn: String Quartets, Opp. 64, 76, 77
(2009/08/25)
Franz Joseph Haydn

商品詳細を見る









テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/261-2485c394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。