FC2ブログ

ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとといから一泊して、母の実家に母といっしょに墓参りに行ってきた

てっぺんはしょくりんちゅう

 おとといから一泊して、母の実家に母といっしょに墓参りに行ってきた。

 亡くなったのは、母(長女)の3才下の長男にあたる叔父さんの奥さんだ。ぼくからすれば義理の叔母さんにあたる。今年の3月に亡くなった。

 数年前から妄想性の神経症をわずらい、あちこちの病院で診てもらったが原因がなかなかわからず、本人が気をやんで医師不審に陥り、例えば、「かびた餅を食べたのが原因と思うので調べてくれ」と医師に無理に頼んだりしたりして、叔父さんをわずらわせたという。

 ・・・

 今まで実家に行ったときはとても無口だった叔父さんが、ぼくや母に介護のつらさを長々と語ったところによれば、あまり医師をわずらわしたので病院のブラックリストにのり、他の病院でも診察や入院を断られたという。

 やっとのことで診てくれる医者を見つけたものの、入院を断られ、自宅療養を余儀なくされ、叔父さんが面倒をみなくてはならなくなったそうだ。しかし、今度は薬のうち、抗うつ財が効きすぎて、そう状態になったときなどは、車で出かけていって、よく知っている店に行っては車いっぱいになるまで買い込んだりしたという。

 手持ちの金がないときにはつけで買ってきて、後から叔父さんに代金の催促の電話がかかってきたこともあったという。とりわけ、何十万円もする着物を買ってきたときはとても驚いたそうで、店に行って何で売りつけたのかと問いただしたこともあったそうだ。しかし、よく知る店の主人からは、「普通と変わらない人だと思ったので売ってしまった」、と言われて怒ったという。

 叔父さんは「どんなことをするかわからず、神経がまいってしまった」と、言っていた。

 ・・・

 精神科に10年も通院している経験でいえば、抗うつ剤が効きすぎてそう状態になり、気が大きくなる典型的な買い物依存症であり、治療が効かないと思い込んで悩む神経症でもあったように思う。

 今年の4月からは日中預かってくれるデイサービスに通うことも決まり、新たな治療をする予定になった矢先だったという。

 死因は家族が出かけた後に首をくくった自殺で、叔父さんが帰ってきて最初に見つけたそうだ。叔父さんは直後から腰を抜かしてしまい、ずっと呆然となり、息子、娘の三人で葬式をすべて取り仕切ったそうだ。市内に住んでいる叔父さんの兄弟もかけつけて手伝ったそうだ。

 幸い、叔父さんはいつもの野良仕事ができるようになり、見かけは普通に戻っているようで安心したが、亡くなった叔母さんの所業の話を延々と話し続け、母とぼくを車に乗せて母の兄弟の家を回ってくれた叔父さん(次男)が、墓参りに行こうと切り出すまで、話が途切れることはなかった。

 ・・・

 次男の叔父さんの車に乗り、5分ほどの少し山を登ったあたりの安倍川を見下ろす見晴らしのいいところに墓がある。電力会社の送電線がかかる予定だった木を切ったお金で、義理の叔母さんをお墓に入れるのを機に墓石の下に納骨棺(カロート)を作った。墓石も縦長のものが平たい墓石に変わっていた。

 父の墓が高尾にあったのだが、墓も買ってくれなかった父の墓参りをずっとしていなくて、管理人まかせにしていたこともあって、墓参りの要領をすっかり忘れてしまい、母や叔父さんたちの言われるままに墓石に水をかけたり線香に火をつけたり、備える花の水やりをした。

 ひとつ勘違いしていたのは、墓の前では手を合わせて拝まないこと。ここでは縁起(えんぎ)が悪いとされている。

 ・・・

 ついでに、アホウドリ先生こと長谷川博先生の実家のお墓も教えてもらった。かなり前から、先生は妹さんに実家をまかせたので分家になってしまった。

 長谷川先生と母の親戚関係がよくわからなかったのだが、叔父さん(次男)によると、ぼくの母方のおばあちゃんの姉妹が、母の実家のすぐ下にある先生の親の兄弟のいる分家に嫁いだという。

 だから先生の実家の親と、分家に嫁いだおばあちゃんの姉妹は、義理の兄弟ということになるので、長谷川先生は母からすると義理の従兄弟ということになる。

 ただ、先生は子どものころ、ひとつ小さな山を越えた分家に遊びに来て、ふたりの叔父さんと魚を釣ったり、鳥を捕まえたりして遊び、親しかったそうだ。叔父さんたちは今ではずいぶん会っておらず縁遠いようだった。

 ぼくは最近、母とぼく宛に届いた年に一回の「オキノタユウ通信」に今年の講演が3つくらいしか載っていなかったことを話し、叔父さんたちのところにも先生を呼んで欲しいと訴えたら、次男の叔父さんが教頭先生をしている親戚に話してみると言ってくれた。講演が実現するといいなぁ...

 ・・・

 墓参りが終わり、また実家に戻った後、ぼくとはひとつ下の従兄弟(長男)の嫁さんに、中二の娘と小五の息子にそれぞれ2千円、千円のおこずかいを渡すようお願いした。

 実家まで里帰りしたのは従兄弟が結婚して以来始めてだったので、これが最初に直接手渡したおこづかいになった。

 本来、小遣いをあげるほど暮らしは楽ではないが、こういうときは身を削ってでも些少の気遣いくらいはしなくては、と思う。
 
 結局、母の実家には2時間くらいおじゃまになってしまったので、次男の叔父さんに促されて、次の叔母さん(長女)の家に向かうため実家を後にした。









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/270-2971909f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。