FC2ブログ

ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いことブログにコメントを書き込んできたタレントさんの真剣交際の発表にショックを受けてだいぶ経ち、いま思うこと

 ブログに3年以上の長い間、コメントを書き込んできた女性のタレントさんが、結婚を前提の真剣交際の発表をした。突然のことでショックを受けた。

 彼女のブログに書き込みを始めたのは、OCNのトーク番組を観て、好感をもったのがきっかけだ。どことなく素人(しろうと)ぽいのがういういしくて、友達感覚だった。

 でも、しばらくして、彼女がブログで、誕生日とかにもの欲しそうな記事を書いたりしたので、2年目ころから、誕生日にカードを彼女が所属する事務所に送ったりしたのがきっかけで、誕生日やクリスマスにものを送ったりするようになった。

 そうするうちに、彼女のことがひんぱんに気になるようになっていった。

 ・・・

 今年になって彼女のブログの更新頻度が落ちると、彼女のことをとても心配するようになった。他にも書き込みをしている人たちの中に、同じように心配する人がかなりいた。

 でも、そのころ、彼女は彼氏とのお泊りデートを繰り返し、彼氏のプロポーズを受け、彼女の両親に彼氏に合わせたりしていたのを、彼氏のテレビ局へのインタビューで知った。ぼくはそのとき、無用の心配をしていたのだ。"裏切られた"と、思った。同時に"彼女を失ってしまった"、という喪失感が襲(おそ)ってきた。

 ・・・

 それは今でも続いている。ただ、"テレビやネットのことは、所詮、バーチャルなことで作り事にすぎないのだ"、と気付き、今でも、長い時間、ボーッとなることがあるが、彼女のブログに書き込み始めた時分のころに気持ちが戻ってきた。

 里帰りで買ってきた、唯一のみやげのクリスマスカードに、今までとは異なり、少し長めのメッセージを書いて彼女の所属する事務所に送ろうか、なんていう気持ちの余裕も出てきた。

 ・・・

 ほんとは、こんな恥ずかしいことを記事に書く気はなかったんだけれど、画面の向こうに出てくるもうひとりの気になるテレビ局のひとに、怒られたような気がして、とにかく何か書くことにした。

 その人はブログを持っていないので、コメントを書きようもないが、なんだか、ぼくのブログを4年半前から見守ってくれて、真剣に怒ったり褒めたりしてくれるような気がする。ぼくのブログの読者とともに大切なひとだ、バーチャルな存在ではあるけど...

-------------
追記:

 彼女を祝福するかどうかは考えないようにしている。今のぼくは、そこまで考えることができそうにない。ぼくは踏みつけられても、祝福できるような至上な愛を彼女に抱くまでにはなれそうもない。ぼくのは、せいぜい欲か好き、よくて恋どまりだ。








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/282-7076ebef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。