ウーツー(CDレビューア)

ヤフーやグーグルで記事が検索できない方は、にほんブログ村から検索してみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰かいるか...死んで石投げられてもいいというやつは?」 「族長の決意」「火怨・北の英雄 アテルイ伝」

まだ朝廷の支配が東北の北の蝦夷(えみし)と呼んだ部族の一部にしか及んでいなかったころ、

大墓(たも)の長(おさ)阿久斗(あくと)の息子、阿弖流為(あてるい)はモレを伴って、強大な敵、大和(やまと)を知るために西へと旅をし故郷に帰ってきた。








えみしのむら
大墓(たも)の里








ぜいいんしゅうごう

長の阿久斗のもとに各地の蝦夷の長が集まっていた。








わかってちょーだい

大和に対抗するため、各地の長に兵を出してもらい、大墓で兵を鍛えることを提案するモレ。







いちばんえらいの

しかし、長たちの意見は割れてまとまらず、大和を恐れて肝心の阿久斗が兵を出すのに反対する始末。








えみしのかいぎはこんなかんじ

気まずくなり、場がシーンとなった。

そこに、阿弖流為が切り出した。






でばんがきたよ

「おーい、みやこのみやげ話がまだだ。」

おもむろに立ち上がると...








いっちゃうよ

「聞いてくれ、聞いてくれ」







おどろけおどろけ

「やまとのおんなはうつくしいぞ!」








おもろい

「ふっはっはっ

会した一同が笑った。








どうだ、どうだ

「みやこのおんなはいいぞー!」

「はっはっはっ」








ちゅうもくのまと

「みやこはものがあふれとった。」







まだまだあるよ

「あれも、これも、わー(私)の欲しい物ばかりじゃー!」








こりゃおもろい

「おーっ」








ここからがほんばんよ

「しかし、欲しくないものがあった。」

阿弖流為は右腕を真上に上げて言った。








なんでしょう?

「ふたつじゃ。」

「なんだと思う?」








なんだろう?

一同、お互いを観てきょとんとしていたが...

ひとりが答えた。








わかったぁー

「ほとけとかんのんだ!」








はずれー!

「違う!」








はずれー!

「広場にふた~つならんどった。」






こうだっちゅーの

「みんな、それに向かって石投げてた。」

石を投げるしぐさをして、こける阿弖流為。







・・・

不審に思う一同。








これでわかった?

「なんと思われる?」

阿弖流為は目の前の長に尋ねた。








こたえいいます

首だ!」







もういっかいこたえ

「蝦夷の首だ」








ぎょっ

一同は静かに阿弖流為の言うことに耳をかたむけはじめた。








たまらんぜよ

「わーら(我ら)のなかまの首がさらしものになっとった。」








う~ん

驚き、シーンとなる一同。







いいたいことわかる?

「かなしゅうて、かなしゅうて...」








なきたいの

「なみだは出んのに悲しゅうて、しかたがなかった。」

まわりを見回すと、阿弖流為は言った。








またしつもん

「誰かいるか?」






こたえられるかな

「死んで石投げられてもいいというやつは?」








う~ん

考え込む一同。








なんだかむかつく

「誰かいないか!」

阿弖流為は怒鳴った。








おいらもおこった

「闘うぞ!」

一番遠くに座っていた長が目の前の床に矢を一本刺して宣言した。








やっちゃうよ

「おーっ!」

次から、次へと長たちは目の前に矢を指して宣言するのだった。





テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://uhtwogh2.blog65.fc2.com/tb.php/343-bb14b531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。